案件

ブラックジャックベーシックストラテジーシミュレーター

ベーシックストラテジ控除率 16184

ブラックジャックベーシックストラテジーシミュレーターはこちら

ブラックジャック(Blackjack)は、トランプを使用するゲームの一種でカジノで行われるカードゲームではバカラと並ぶ人気ゲームです。 カードの合計点数が21点を超えないように、プレイヤーがディーラーより高い点数を得ると勝ちになります。 オンラインカジノにおいては、個人の裁量が入るゲームはブラックジャックとビデオポーカーのみです。あとゲームは運とベットコントロールのみでしょうか。 個人の裁量とはいえルールに基づくために基本戦略(ベーシックストラテジー)が確立されていますので、それを実践しながらベットコントロールしていくことが 確率的にカジノ側有利のルールを大きく縮小して勝利へつなげることができます。 手持ちのカードの数字の合計が 「21」 を超えない範囲で 「21」 に近い方が勝ちという単純明快なゲームです。 ブラックジャックは、プレーヤーとディーラーとの1対1の対戦形式で勝敗が決めることができます。 まずプレーヤーが自分の賭金を決め、テーブル上の指定された位置に賭金を置く事でゲームへの参加となります。 プレーヤーが賭金を置き終えると、ディーラーは各プレーヤーおよび自分 (ディーラー自身) にカードを2枚ずつ配ります。 ディーラーに配られた 2枚のカードのうちの1枚は全員に数字が見えるように表向きに配られます。この見えている方のカードのことを 「アップカード」 といいます。 プレーヤーはディーラーのアップカードからディーラーの最終的な数字の合計を予想しながら、 自分がさらにカードをもらうかやめておくかの判断をします。「21」 を超えるまでは何枚でもカードを引くことができます。 プレーヤーがカードをもらい終えた段階でディーラーは自分の伏せてある方のカードも表に向け、全員の前で自分の手を披露します。  この段階でディーラーは自分の手の合計が 「16」 以下であった場合は 「17」 以上になるまでカードを引き続けなければならないし、 「17」 以上になった段階でディーラーはそれ以上カードを引くことはできません。 たとえプレーヤー全員の手が 「20」 や 「21」 であったとしても、ディーラーは自分の手が 「17」 以上に達していたら新たにカードを引くことはできません。 つまりディーラーには自分の自由な意思で決められる 「プレーの選択権」 が何もないということです。  こうしてディーラーの手が決まると (つまりディーラーの手には 「17」、「18」、「19」、「20」、「21」 もしくは 「22 以上」 の 6通りしかない)、 あとはプレーヤーの手とディーラーの手を照合しながら勝ち負けの精算を行います。同点の場合は引き分けなので賭金は動きません。 ほとんどのカジノのゲームは、長いスパンでは、カジノ側がプレイヤーよりも統計的に有利に出来ています。 しかし、ブラックジャックはプレイヤー側の選択の幅が大きく、「基本戦略(Basic Strategy)」として知られる統計学的に最適な行動をとることによりカジノの優位を大きく縮小することが出来ます。 細かいルールの相違にもよりますが、基本戦略に従った場合、カジノの控除率は0。

ベーシックストラテジ控除率 38766

2018 資産倍増のチャンス!

ブラックジャックをベーシックストラテジーに忠実にプレイしますと勝率は50%に限りなく近くなります。 ほぼ50%になるのですが、厳密に計算すると50%を超える事はなく、この数字はブラックジャックというギャンブルが健全に行われている証拠でもあります。 その他の必勝法やカードカウンティングのような事をすれば、各々の勝率はベーシックストラテジーを忠実に行なうよりも高くなる可能性はありますが、逆に低くなる場合もあるでしょう。 ブラックジャックでベーシックストラテジーの勝率が、もし少しでも50%を超えているとなると、普段からギャンブルをやらない方が組織的に行なって、ブラックジャックを禁止にしてしまう可能性もあります。 ですが、スイッチのような、もっと勝ちやすいゲームがありますが、そういったゲームですと、ルールが緩和されたり、配当が変化していたりするのです。 ギャンブルには、勝率とは別に控除率が存在しますので、いくら勝ちやすくても配当が低いと利益は薄いので、控除率や還元率も注目しておきましょう。 ベーシックストラテジーを使えば、勝率を上げられる攻略法とも言われていますが、逆に言えば50%の確率で確実に負けるとも言えます。 勝負事には流れと呼ばれる目に見えないものがありますので、それを無視して基本に忠実にプレイしますので、統計的に勝ちも負けもない状態になります。 流れを読むのを失敗すれば大きく負ける可能性もありますが、大きく勝つ可能性もあり、ギャンブルに勝つにはベーシックストラテジーに頼り過ぎずプラスアルファが必要と言えそうです。

ベーシックストラテジー

トップページ カジノランキング カジノ一覧 レッツスタート カジノのルール カジノ必勝法。 トップページ > カジノ必勝法 > ブラックジャック必勝法。 ディーラーをバーストさせる もし、ディーラーが4、5、6のどれかを持っていたら、あなたがもう一枚ヒットしてもバーストしないソフトハンドでなければ、ヒットしないほうがよいでしょう。 これらのカードの場合は、プレイヤーとしてはよい状況で、ディーラーにバーストさせる大チャンスだからです。 実際、多くの場合でダブルダウンまたはスプリットしてディーラーがバーストした時に多く稼げるようにプレーしたいところです。 2。 数字の高いハードハンドはスタンドする もしハードハンドの17またはそれ以上の場合は、いつも必ずスタンドすべきです。バーストしてしまう確率がとても高いからです。 もしディーラーが絵札、またはAを持っている場合、あなたの17はそれほどよくもありませんが、ヒットするとバーストしてしまう可能性が高いため、この場合、ヒットはスタンドに比べて悪い選択肢になります。 ディーラーをバーストさせるか、引き分けで終えることを狙うのがよいでしょう。 3。 Aと8はいつも必ずスプリットし、10と6は絶対にスプリットしない Aは強力なカードです。しかし、2枚のAは12でしかありません。 Aは必ずスプリットし、2つのハンドで21を狙うべきです。 2枚の8は16になり、最悪のハンドです。しかし、スプリットして2つのハンドがそれぞれ18になれば、かなり強いハンドになります。 10はそれ自体はいいハンドですが、10が2枚で20の場合は、スプリットした場合よりもそのままスタンドしたほうがリスクが少ないです。 6をスプリットするのは、6はハンドとしては最悪のため、避けたほうがよいです。12としてスタートしたほうがよいです。 4。 インシュランスを使わない ディラーがAを持っている場合は、インシュランスをかけるかどうか聞かれます。 最初の賭け金の半分を追加で賭けるとインシュランス(保険)になります。もしディーラーがブラックジャックになると、このインシュランスは2倍になって帰ってきます。 その結果、ディーラーがブラックジャックの時にだけトントン(プラマイゼロ)ということになります。 しかし、インシュランスについてはこれ以上考えないほうがよいです。インシュランスはカジノの有利にしかならず、悪い選択になってしまうからです。 ブラックジャックのオッズ ブラックジャックで勝つためには、オッズを知らなくてはなりません。ブラックジャックで上手くプレーする人は、賭ける額を増減させたり、次にどのカードが来るかを予想することにより、オッズを上手くコントロールしています。 彼らは、デッキの中にどのカードがあり、またどのカードが既にプレーされたかという情報のみから予想します。 これがカードカウンティングと呼ばれるものです。 基本的なブラックジャックのハウスエッジ ブラックジャックの基本戦術を使った場合、マルチデッキでのブラックジャックのハウスエッジは0。

ブラックジャック ベーシックストラテジーは勝つために必要です.カジノで気になる数学


ブラックジャックベーシックストラテジーシミュレーターとは

ブラックジャックを攻略するためには確率データを知り基本通りにプレーすること、さらに期待値をあげたいならばカウンティングをすることです。 データは暗記、カウンティングは実践で使える簡単なカウンティング方法をまとめてみたのでぜひ一度読んでみて下さい。 ブラックジャックには 控除率 の記事でも書きましたが、 基本戦略通りにプレーするだけで理論上はほぼ対等に戦う事が可能 です。 これが最も大切で逆にこの基本戦略を全くしらないのならやるべきではありません…。 初めて遊ぶなら印刷して見ながら遊ぶのが最も期待値の高い遊び方であると言えるでしょう。 ちなみに期待値はデッキ数やルール 細かい違いがある によりますが、 99。

コメント