案件

世界最高水準×世界トップシェアの入退室管理システム

インター顔認証でカジノ入 13005

各地のIR事業コンソーシアムは、地域企業、開発企業、海外オペレーターで形成

フィリップス:  以前であれば、保存された映像を巻き戻して、ひとつひとつ見つける……といった作業を強いられていたのですが、いまは違う。条件を決めて、データを分析することができるんです。例えば「1週間以内に、1万ドル以上勝った人」といった形で検索すると、すぐに情報がドバっと出てくる。 フィリップス:  カジノの入口付近に監視カメラを設置していて、そこで撮影された映像を分析しています。当カジノは、出禁のデーターベースを構築していて、もしその人が入場すれば、すぐに知らせてくれる。過去に犯罪を犯したり、何らかの事情で入場制限を課せられていたり。顔認証システムを使っているので、問題がある人が入場すれば、すぐに分かるんですよね。ただし、正解率は90~95%。というわけで、疑いのある人を別室に呼んで、本人かどうか確かめなければいけません。 ITmedia ビジネスオンライン編集部が制作する日刊メールマガジンです。 メディア一覧 公式SNS 広告案内 お問い合わせ プライバシーポリシー RSS 運営会社 採用情報。 ITmedia ビジネスオンライン 稼ぐ戦略。

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

日本政府は、IR実施法案において、IR運営者に対して、カジノ施設への厳格なアクセス管理を求める見通し。アクセス管理システムは、今後、IR実施法、政省令ガイドラインなどで示される要件の具備を求められる。 政府「IR推進会議取りまとめ」において、示された具体案は、 ・入退場ゲートの設置と入場者の全数ID管理 ・IDでは、日本人・居住者はマイナンバーカード、外国人はパスポートを活用 ・日本人には、入場回数制限 ・政府は、複数のカジノ施設のデータを一元管理。 なお、海外では、シンガポールや欧州などで、日本政府が想定するゲートにおける全数ID管理が実施されている。 マカオや米国では、ゲートにおいて、警備員が目視で、未成年などの入場を防ぐ仕組みが多い。 海外IR事業者は、日本社会へのPRの一環として、セーフガード、とりわけ、依存症対策への取り組みをPRする傾向がある。 最近では、フランスのバリエール・グループが和歌山県のIRシンポジウムに登壇し、欧州における依存症対策への取り組みをPR。 また、中国の。 地域企業の役割は、「地域社会の信頼・合意形成力」「地域社会の調整」「地域に最適なコンセプトの決定」。 開発企業の役割は、「日本における不動産開発の経験ノウハウ」。 海外オペレーターの役割は、「海外におけるカジノIRの経験ノウハウ」。

コメント