案件

正しい時刻に!海外旅行でスマホの時計を現地時間に合わせる方法

アジア各国の選択設定変更はどの 49288

第3節 通貨制度に関するアジア地域の経験

地域設定のお願い お住まいの地域に沿った情報提供のため、地域の設定をお願いいたします。 [ 地域を設定する ]。 Now Loading ...。 障害・メンテナンス お問い合わせ。 LINEでしつもん メールでお問い合わせ 電話でお問い合わせ。 検索 マイページ ログイン。

ホールのクセはすぐ変わる!?パチ屋の人事異動


このページの情報は役に立ちましたか?

しかし、実際に日本国内での移動や施設・店舗検索にGoogleマップを利用している訪日外国人に、日本語がしっかり読めるという方は多くはないでしょう。 この場合、 せっかく検索結果に自店舗が表示されているのに、英語・中国語などユーザーが読める言語で表記されていないため認知されず、集客チャンスを逃してしまっている可能性 があります。 そのため、 外国人旅行者を店舗集客のターゲットとしている場合は、ユーザーの母国語で店舗情報を管理して正しい情報を提供するように努め、認知度を上げるMEO施策をすすめる必要 があります。 ここでは、インバウンド向けMEO対策として重要な、Googleマップ上の店舗名を英語・中国語など多言語で設定する方法と、Gyro-nの MEO順位チェック を多言語で行う方法を解説します。 Googleマイビジネスには多言語での情報を管理するしくみがありません。 今後バージョンアップで実装される可能性はあるものの、現時点ではGoogleマップ上のデータを直接修正しなければなりません。 Nameの項目に、「Add name in English」という英語の店舗名用の入力フィールドが表示されますので、こちらに正式な英語表記のビジネス名を入力し「Send」をクリックします。 インバウンド向けに最適化するには、 ターゲットユーザーは中国・台湾・香港など中国語圏からの訪日客である場合が多い ため、英語はもちろんですが、 中国語(簡体・繁体)などにもしっかり対応 しておきましょう。ユーザーの言語に対応することでフレンドリーな印象を与え、集客につながる可能性が高まります。

表示される時刻を変更する

一点目は、米ドルとの事実上のペッグ制(以下、ペッグ制)で固定的な為替制度が採られていたことである 39 。 さらに、ペッグ制に加えて、そのほかの政策によって資本流入が後押しされた。例えば、タイやインドネシアでは、80年半ばに直接投資の流入規制が大幅に緩和され、韓国では90年代に資本流入規制が相次いで緩和されるなどの措置が採られ 40 、前述の為替変動リスクの低下と相まって、資本流入を加速させることになった。また、香港は資本流入規制がなかったため、元々資金が流入しやすい環境にあった。 そのような状況のもと、各国通貨当局は、絶えず自国通貨に増価圧力がかかる中でペッグ制を維持するため、自国通貨売りの為替介入を行っていた。このため、各国の外貨準備高は積み上がった(第図 1 )。実体経済の規模とマネーサプライの関係を表わすマーシャルのkをみると、トレンドから大きくかけ離れて上昇はしていないことから、為替介入によって生じる流動性増加を吸収するために不胎化を行っていたとみられる。しかし、それにもかかわらず通貨危機前には各国とも総じて90年代前半までのマーシャルのkが大幅に上昇して推移しており、過剰流動性が発生していた可能性をうかがわせている(第図 2 )。 また、各国で投資が拡大する中、特にタイや香港では不動産価格の上昇もみられた(第図 1 、第図 2 )。こうした状況は、第1節で指摘したように、ユーロ導入によって圏内の為替リスクが消滅したことなどで南欧諸国等に証券投資等比較的足の速い資金が大量に流れ込み、そうした資金が当該諸国の潜在成長率を高めるのではなく、住宅市場に流入して住宅価格高騰をもたらす一因となった状況と酷似している 41 。 ドル・ペッグ制の弊害は、国外の短期資本に依存するという脆弱な経済構造だけではなく、金融政策の面でもみられた。前述のとおり、資本流入を拡大させるため、通貨危機経験国は名目金利が先進国と比べて高い水準となっていた。こうした中、タイでは通貨危機前の96年から既に景気の減速が始まっており、金融機関の破たん等により不動産などの資産価格も下落 42 していたが、中央銀行は緩和策を実施することができず、高い金利水準が維持されることになった。一般に、景気減速の際には、金融緩和策が講じられるが、それによって利回りが低下し、アメリカとの利回り差が縮小すれば、自国通貨が減価する要因となってドル・ペッグ制が維持できなくなる可能性があるからである。そのため、タイでは自国経済の状況を踏まえた裁量的な金融政策を実施できず、実体経済の悪化を抑制することができなかった。 こうした資本流入による為替増価に対抗するために自国通貨売り外貨買いの為替介入が繰り返された結果、外貨準備高は増加していた(前掲第図 1 )。しかし、短期資金の流入が急ピッチで進んだことから、通貨危機の発生する97年までにかけて、タイ、インドネシア及び韓国では対外短期債務残高が外貨準備高を大きく上回ることになった(第図)。

まずは海外旅行時のスマホ設定を確認

7 Uber AA 1 Uber 208 "WINNER WINNER CHICKEN DINNER. 2 ……….

コメント