案件

カジノ解禁、IR法成立で2020年代半ば最大3カ所開業へ

日本のカジノ法案アマチュアからプロへ 51376

Sanspoスペシャル

スポーツ・ブッキングとは、様々なスポーツの勝敗等を対象とする賭博行為でもあり、欧米諸国では極めてポピュラーな賭け事になる。米国では自然発生的に発生し、既に20世紀初期には、特段法律上認められたわけではないが、かなり広範囲に実践されていたという。20世紀中葉になると、マフィアがこれに着目し、全米で組織化した運営を行っていたという事実もある。年代から70年代にかけて、マフィア撲滅のための様々な連邦法が制定されたが、その後この分野での連邦規制は単発的にしか生じていない。一方年に至り、大学アマチュア・スポーツでスポーツ選手を含む賭け事に関する八百長スキャンダルがあったこと等を契機としスポーツを賭博の対象にすることに対する一部スポーツ団体や民間団体からの反発等が高まり、連邦議会で成立した法律が「年連邦プロ・アマスポーツ保護法」(Professional and Amateur Sports Protection Act of 、通称PASPA法 ないしはブラッドレー法、Title 28 USC Sec )である。これは「アマ・プロの運動選手が参加する競争的スポーツ・ゲームを対象とし、直接的ないしは間接的なロッテリー、くじ、賭け事等を州政府の機関ないしは個人が主催し、運営し、広告したりプロモートしたりすることを禁止する」内容となる。その目的は、州政府が主催するスポーツ・ブックの蔓延を阻止すること、スポーツの廉潔性を保持すること、米国の若者がスポーツ・ギャンブルをする機会をできる限り減少すること等にあった。但し、法は個人が顧客として参加することを禁止しているわけではなく、州政府等がスポーツ・ベッテイングを主催することを禁止しているにすぎない。 最も、年から年迄の間にスポーツ・ベッテイングを認めていたあるいは運営していた州は例外とされ、ネバダ州、オレゴン州、モンタナ州並びにデラウエア州のスポーツ・ブックやスポーツ・プール、スポーツ・ロッテリーがその対象となった。4州のみでは合法だが、他州では違法になるというかなりいびつな連邦法になる(一つの法ができるまでに実践されていた制度は一種の既得権益として認められたもので、かかる考えを英語でgrandfatheringという)。更にこの法律は法発効後1年以内に、既に過去10年以上カジノ・ゲーミングを許諾していた州が州法によってスポーツ・ベッテイングを認める場合には例外として認めるという規定があったが、これを実施した州はいない ニュー・ジャージー州のみを救済するための規定であったが、現実には採用されなかった 。尚、ジャイアライ、競馬、ドッグ・レースはPASPA法の対象ではない。また、連邦司法省は、立法の当初よりPASPA法は州の権利の侵害にあたるとして、継続的に反対という立場を貫き通している。 尚、その後生じたのは、実態面での米国民の合法、違法を問わないスポーツ・ベッテイングへの傾斜でもあり、現実に行われている以上、州法でこれを認知し、旧態依然とした年連邦PASPA法は廃止し、税を課して、新たな財源とすべきという様々な州からの要求である。年デラウエア州は、ほぼ全てのスポーツ・ベッテイングを可能とする法律を通したが、同年、NFL 全米フットボール連盟MLB(野球メージャーリーグ), NHL, 全米ホッケー連盟 、NBA 全米バスケットボール協会NCAA 全米大学体育協会 等のプロ・アマスポーツ団体は、連邦法違反としてデラウエア州を提訴し、連邦最高裁は、デラウエア州は連邦法違反とした。一方ニュー・ジャージー州は、年11月に、知事がスポーツ・ベッテイングを州内で認める法案に著名した。これはこの法が連邦法に抵触しないことを前提に、ニュー・ジャージー州内でプロ・アマのスポーツに関する賭け事を認めること、但し、その場所はカジノ施設及び競馬場施設に限定するという内容となる。法は現在に至るまで施行されていない。既にNCAAを始めとする様々な団体が反対を表明しており、もしニュー・ジャージー州政府が法の施行を強行すれば、これを阻止すべく訴訟合戦が生じるものと想定されている。一方年2月になり今度はカリフォルニア州上院が、同様の法案を議会に提示(SB号)した。同州では州内で違法なスポーツ・ベッテイングが盛んに行われたり、州民が州境を越え、ネバダ州で消費したりしており、全く州財政にとり恩恵が無いことより、連邦政府が認める限り、賭博ライセンスを保持する主体(カジノ施設と競馬場を含む)の申請によりスポーツ・ベッテイングの免許を与え施行を認め、これに課税するという内容になる。この法案は5月に上院で可決されたが、同年8月下院により否決されている。 IR*ゲーミング学会とは 入会案内 活動情報 IR*ゲーミング学研究 ニューズレター IR*ゲーミング コラム お問い合わせ。

第4回「海外のカジノにおけるポーカーのすすめ」

カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案(カジノ法案)は、6日午後の衆院本会議で自民党と日本維新の会などの賛成多数で可決され、衆院を通過した。  しかし、採決を退席した民進党の対応が疑問視されている。民進党は約6時間という審議時間が短いとして退席を決定。衆院採決では賛否まとまらず退席となったが、参院の審議では反対することに決めたという。  日本維新の会の馬場伸幸幹事長(51)は同日の記者会見で「退席者の中に法案の提案者がいたことは残念」と話した。一体どういうことなのか。  カジノ法案については超党派の「国際観光産業振興議員連盟」で話し合ってきた。通称カジノ議連といい、2010年に発足。つまり、民主党政権時代で、当時は民主党議員が会長を務めていた。自民党が政権奪還したことで議連のメンバーは大きく変わってしまったが、ベースとなる法案の中身はこの時期に作られている。また、発足当初から議員立法として進められていた。 「カジノ合法化が特に話題になったのは東日本大震災後でした。復興の財源として注目され、メディアには『仙台にカジノ誘致か』などと騒がれました」(当時を知る永田町関係者)  そのころから通常国会や臨時国会が開かれるたびに「今度こそカジノ法案が採決されるのか」とニュースになってきた。  つまり、今国会でいきなり出てきた話ではない。民主党議員を会長としてカジノ議連がスタートしてから約6年がたつのに、民進党は衆院採決までに党内の賛否すらまとめられなかった。 「民主党時代に惜しいところまでいったことはありました。しかし、一部から強硬な反対を受けて駄目になってしまうのです」(前出の関係者)  国会での審議時間が短いのは問題だが、反対のための反対となってはいけない。 東スポTOP 政治 6年前は提案者だった民進党がカジノ法案採決に反対の不思議。 人気ランキング 一覧をみる。 アンジャッシュ渡部 女性スキャンダル浮上でネット民のエジキに 年06月09日 。 尾木ママがアンジャッシュ渡部の不倫心理分析「清楚でパーフェクトな希ちゃんにしんどくなる」 年06月10日 。

日本のカジノ法案アマチュアからプロへ 48082

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

木原直哉氏は、世界で活躍するプロのポーカー選手。年の第42回世界ポーカー選手権大会 World Series of Poker の「ポット・リミット・オマハ・シックス・ハンデッド」(6月日)で、日本人として初めて世界選手権での優勝を果たした。 ちなみに、その優勝賞金は51万2,ドル(約6,万円)であった。 第4回「海外のカジノにおけるポーカーのすすめ」 ポーカーは世界で普及。キャッシュゲームは、近場では韓国、規模ではマカオ、ロス、ラスベガス ポーカーは、アマチュアが趣味としてやる分には、すごくいいゲームです。世界で最も普及しているスキルゲームの一つです。 海外のキャッシュゲームでは、一番の近場は韓国です。大会期間中でなくても、規模が大きなゲームが常に動いているのは、大きい順にマカオ、ロス、ラスベガスです。 欧州にも各地にそこそこの規模のポーカールームがありますが、大会期間中以外はそこまでアクションが大きくありません。 カジノ運営側にとって、ポーカーは儲かるゲームではない。むしろ、ブランドイメージ向上が目的 ポーカーは、カジノ運営側からみれば、儲かるゲーム種ではありません。ポーカーは、基本的にプレイヤーとプレイヤーが戦って、運営者側は手数料を取るゲームです。 バカラなどカジノ対プレイヤーの構図となるゲーム種とは、収益性が異なります。

プロポーカー選手 木原直哉氏 第4回「海外のカジノにおけるポーカーのすすめ」

木曽: 今回の推進法の中には一年をめどとして実施法を整備しなさいという政府に対する要求が入っているので、まずは実施法案を整備し、実施法成立後、今度は設置する自治体の入札になり、選ばれた自治体が事業者選定をし、カジノの建設が始まるという流れになります。 木曽: オリンピックには間に合わないというということは、もともと私も主張してきたので、オリンピック後の振興策としてちょうどいい時期ではないでしょうか? 木曽: 確かに、それなりの効果は期待できますが、せいぜい国内で2~3のカジノで、日本全体での経済に与える影響はたかが知れているとは思いますが…。 木曽: 一つ大きな論議のきっかけとなるのはギャンブル依存症に関わる問題ですね。麻雀というものがギャンブル依存症に関係があるのか、ちょうどこれから厚生労働省がこの問題を調査しますので、万一ギャンブル依存の中に麻雀依存という現象が入ってしまうと問題があると思います。 木曽: おそらくこれは、話が各省庁に及んでますので、公営競技を管轄している各省庁、富くじを管轄している各省庁、そして警察庁や金融庁などが横軸で話をしなければならない問題だと思います。

日本版カジノについて各党はどう考えているのか

By casinohikaku PICK UP. PICK UP. ALBA stayhome …… ALBA. Net 1 LIVE PHOTO.

マカオ大手のカジノ企業 日本への参入を表明(18/11/21)


コメント