案件

IR(統合型リゾート)等新たな戦略的都市づくりの検討

法横浜にカジノ 36064

このページへのお問合せ

平成27年3月、横浜市が『IR 統合型リゾート 等新たな戦略的都市づくり』の検討調査報告書を公表しました。この調査研究は、横浜経済が「踊り場」にあることをふまえ、IR導入によって得られる効果(経済波及効果、税収効果、雇用創出効果)が将来の横浜の社会保障や都市インフラに活かすことができるかを検証するものです。 IR(Integrated Resort)という用語は、年代にシンガポールでカジノ導入が検討される過程で使用され、世界的に普及しました。『IRとは、カジノ施設及び会議場施設、レクレーション施設、展示施設、宿泊施設その他の観光振興に寄与すると認められる施設が一体となっている施設の総称』で、今や、世界カ国でIR(カジノ)が導入されています。 マリーナ・ベイ・サンズ(シンガポール)の施設例をみると、15haの敷地内に、会議場・展示場12 万㎡、劇場2か所(約人収容)、屋上空中庭園、プール(約1万㎡)、美術科学博物館、ホテル(約室)、ショッピングモール、飲食店、カジノがあります。カジノ施設は全体面積の2。 IR推進法案およびIR実施法案に関する基本的な考え方に共通する重要ポイントとして、独立性を有する新たな監視・監督機関の創設やIR設置区域の指定(当面2~3ヶ所)があります。国からIR区域と指定された地方公共団体は、「自らの費用とリスクでIRを整備する民間事業」を公募により選定」します。  マリーナ・ベイ・サンズの場合では、約億円の投資を3年程度のカジノ売上(億円)で回収しましたが、この回収スキームも、IR利用客があればこその試算であり、IR事業者は、投資に対する回収が見込まれない場合、撤退も含めシビアな事業判断を行うでしょう。世界のIRとの競争であり、アジアや欧米のIR動向を見極めたポジショニングが重要です。 IRは短期的な利益を生みますが、長期にわたる事業継続にはリスクが伴います。地方公共団体がIR事業から得られる収益や負担する資金リスクがどの程度か、将来にわたり安定した収益を横浜市が確保し続けることが可能なのか、その見通しがなければ、安全・安心の横浜市政運営の継続は不可能となります。 先日、磯子区の放課後児童クラブ(上中里、屏風ヶ浦、杉田、新杉田)の保護者の方々と意見交換をしました。平成27年度からはじまった「放課後児童健全育成事業」(平成31年度まで)には、『放課後キッズクラブ(キッズ)』と『放課後児童クラブ(学童)』があります。どちらも子供たちの放課後の居場所を提供する事業です。 しかし、『補助内容に大きな差』があります。たとえば、年間予算を比較しても、キッズは41億円、。 HOME ご意見・お問合わせ 政治信条 プロフィール 政策について 津南プロジェクト 視察報告 横浜自民党マニフェスト 横浜市会定例会報告 政務調査ニュース いそご元気力 磯子の元気をつくる会 いそご元気放送局 山本たかし事務所 〒 横浜市磯子区西町 [ MAP ] 。 横浜自民党 かながわ自民党 自民党 横浜市会 よこはま自民党政策集。

IR(統合型リゾート)のページ一覧

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 天気 プレスリリース検索。

横浜にカジノは必要なのか? 〜ここが変だよ、市長の説明|鳥畑与一


石田雅彦の最近の記事

横浜市ホームページではJavaScriptを使用しています。 JavaScriptの使用を有効にしていない場合は、一部の機能が正確に動作しない恐れがあります。 お手数ですがJavaScriptの使用を有効にしてください。 平成30年7月20日、特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)が成立しました。これまで、横浜市では、都心臨海部での戦略的な都市づくりの検討の一環として、基礎的なIRの調査・分析を進めてきましたが、現段階では、IRを導入する・しないについての判断をしておりません。  横浜では、IRの導入によって観光や地域経済が活性化することを期待する声や、IRを構成する施設の一つであるカジノに起因した依存症・治安悪化などに対する懸念の声もいただいています。  こうしたIRの効果や懸念事項対策等についての調査・検討を国の動向や情報等を踏まえながら進めています。 IRとは、国際会議場施設、展示施設等、我が国の伝統、文化、芸術等を生かした公演等による観光の魅力増進施設、送客機能施設、宿泊施設等の観光振興に寄与する施設とカジノ施設から構成される一群の施設であって、民間事業者により一体として設置・運営されるものです。  国は、適切な国の監視及び管理の下で運営される健全なカジノ事業の収益を活用して、地域の創意工夫及び民間の活力を生かした特定複合観光施設区域の整備を推進することで、国際競争力の高い魅力ある滞在型観光の実現、観光及び地域経済の振興、財政の改善を目的としています。 IR推進会議取りまとめ~「観光先進国」の実現に向けて~に係る意見募集の実施(外部サイト) IR推進会議取りまとめ~「観光先進国」の実現に向けて~に係る説明・公聴会(全国9ブロック)開催(外部サイト)。

コメント