外国の経験

ブラックジャックの基本戦略|ベーシックストラテジー

ベーシックストラテジ大当たり 62715

ブラックジャックの遊び方(ルール)

ブラックジャックは、ディーラーとプレイヤーにカードが配られ、カードの合計数が「21」に近い方が勝ちというシンプルなゲームです。 しかし、カードが配られた後のアクションが非常に重要で、自分の判断がゲーム全体に大きく影響を及ぼす奥深いゲームでもあります。 そこで、「ヒットするべきか」「スタンドするべきか」、確率的に有利な手がまとめられている ブラックジャンク「ベーシックストラテジー(基本戦略)」 の利用がおすすめです。 「ベーシックストラテジー(基本戦略)」を使うことで、より勝ちやすく、より楽しくブラックジャックがプレイできるでしょう。 こちらでは、ブラックジャックの戦略の中でも基本となる「ベーシックストラテジー(基本戦略)」について解説します。 ブラックジャックをより楽しむためにも、ベーシックストラテジーを実践する前に 「ブラックジャックの基本ルール・遊び方」 をぜひご参考にしてください。 ベーシックストラテジーとは、ブラックジャックを攻略するために作られた戦略のひとつです。自分に配られたカードと、ディーラーのオープンカードを見比べ、「 カードを引くべきか(ヒット) 」、「引かずに勝負するべきか(スタンド)」、有利な次の手を確率的に計算し表にまとめたものです。 ベーシックストラテジー表は以下のようになっており、 自分に配られたカードの合計数と、ディーラーのオープンカードの延長線上でクロスする箇所のアクションが有利 となります。 例えば、上の画像のように自分のハンドが「15」、ディーラーのオープンカードが「7」の場合、クロスしている箇所は「H(ヒット)」となっています。なので、この場合はヒットすることが確率的には有利ということになります。

ブラックジャックベーシックストラテジーの実践

ブラックジャックのルールにおいて、プレイヤーはもう一枚引くのか、あるいはもう引かないのかはプレイヤー本人の判断に任されますが、ディーラーは17以上だと もう引くことは出来ないルールになっており、16 以下ですと必ずもう一枚引かなければいけません。 スタンド(もうひかない) サレンダー(サレンダー不可のルールではヒットする) ダブルダウン(ダブルダウン不可のルールではヒットする) ダブルダウン不可のルールではスタンドする スプリット スプリット後のダブルダウン不可のルールではヒットする。 ベーシックストラテシーとは ベーシックストラテシーとは。

ブラックジャックの基本戦略「ベーシックストラテジー」とは?

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。 超初心者読者のために、もっと具体的にわかりやすく説明するならば、Aさん、Bさん、Cさんが着席しているブラックジャックテーブルにおいて、あなたも参加して合計4人でプレーすることとなった場合(ディーラーも含めると5人)、対戦は、Aさんとディーラー、Bさんとディーラー、Cさんとディーラー、そしてあなたとディーラーがそれぞれの手で勝負することになり、参加者同士は対戦相手ではないので、互いの手はまったく関係ない。  とにかくわかりやすい単純なゲームなので、まずは恐れずに参加してみるとよいだろう。以下は参加の手順だ。 この 「賭け金を決める」 という動作は、自分の目の前のテーブル上の指定された位置(多くの場合、丸や四角、もしくはそのカジノのロゴなどが描かれている場所)に賭け金を置くという行為で、それがゲームへの参加の意思表示となる。 ディーラーに配られた 2枚のカードのうちの1枚は全員に数字が見えるように表向きに配られる。この見えているほうのカードのことを 「アップカード」 というが、実戦でこの言葉が使われることはないので、この言葉をあえて覚える必要はまったくない。

コメント