外国の経験

『トーナメントでのC-BETTING戦略完全ガイド』 BY UPSWING POKER

ベット戦略アンティ 15069

カジノホールデム(Casino Holdem)のルールと基本戦略

カジノホールデムは(Casino Holdem)通常52枚の1デッキ(ジョーカーを除く)で行い、1ゲームが終わったらシャッフルされます。 ノットクオリファイの場合、アンティベットには 役に応じた配当 が行われますが、コールベットは そのまま戻されます 。 カードの強さは A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2 の順です。 でKの勝ちでディーラーの勝ちです。もしかしてプレーヤーに6のペアができているのでプレーヤーの勝ちと思った方もいるかもしれませんが、 あくまで7枚の中から5枚を抜き出して、その5枚でハンドを比べます 。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

ソルバーが出てきて、 一昔前の常識にとらわれず にいろんなことを考えてプレーしないといけないんだなぁと思いました。 戦略も進化していくし、アップデートしていかなきゃいけないこともあるんだなぁ と。 それはけっこうショックな発見だった。というのは、人生で5百万ハンドほどもプレーしてきたのに、ある状況でなぜC-Betをするのかよくわかってなかったことに気づいたわけだからね。 でも今はわかる。君も知っておいたほうがいいと思う。ってことで、最初からはじめていこう。 ビデオのインストラクターは、C-Betはロボットのように自動的にやって、チェックレイズされたり、ハンドがターンに進んでからしか分析をはじめなかった。 そしてその分析はいつも同じで、「僕は何ももってないぞ、だからフォールドしよう」っていうのばっかりだった。インストラクターはビデオごとに何百ドルも報酬が支払われてて、実は僕もその1人だったんだ! オーバーC-Betしていた人々は、少しだけボードを選ぶようになってきた。最悪のボードではギブアップして、相手の傾向にもっと注意を払うようになった。 相手の方も少しだけやり返すようになって、C-ベッターが明らかにオーバーブラフなスポットでは攻撃するようになった。こういったプレーの戦略は洗練されてはいなかったが、でも時代は少しづつ変わりはじめた。それでもなお、C-Betをほぼすべてのハンドでやるプレイヤーは消えてはいなかった。コンティニュエーションべットにつぎの進化が起こるときだった。 小さいサイズの大事なところは、2オーバーカードやAハイやガットショットをフォールドさせようとはしていないところだ。 そのかわりに、相手のレンジのうち完全にフロップをミスした小さいパートにフォールドを強いる。だから小さい確率でしか機能しなくてもいい。悪い話ではないだろ? 大事なのは、C-Betが小さければチェックレイズブラフも安くできるということだ。 トーナメントのスタックは30BBくらいを漂っているわけだが、これなら相手にコミットかフォールドを強いるときに数BBは節約できる。またハンド例を考えてみよう。

バナー・ベラジョンカジノ

ハンドに参加を希望する各プレイヤーによってポットに置かれた初回の金額のこと。 アンティは、 スタッド 及びドローポーカーにて使われていますが、 ホールデム または オマハ ポーカーでは、使われていません。 ポーカーゲーム内にて、プレイヤーが、 フォールド 、 ベット 、及び、 チェック 、または、 レイズ をする機会のある時。 各ベットラウンドは、最後のベット、または、レイズが コール された時、または、1人を除く全てのプレイヤーが手をフォールドした際に、終了します。 時計回りに、 ディーラー の左隣の 2 名のプレイヤーによってポットに置かれる最初の強制ベットのこと。 ホールデム 及び オマハ ポーカーにて使われます。 スモールブラインド 及び ビッグブラインド も一緒に、ご確認下さい。 弱い手をキープせずに、ベットを続けること。 「Bluffing」の戦略は、 ポット を獲得するために、その他のプレイヤーが フォールド するこよう仕向ける時に使われます。 ホールデム と オマハ のテーブル中央に置かれる共有のカード、 コミュニティーカード のこと。 「Looking around the board」とは、これら共有のカードを見ることです。 ちなみに、ボードカードは、テーブルに座っている参加プレイヤー全員が見ることができる共有カードのこと。 スタッド ポーカーでは、各プレイヤーは、各ボードを持っています。

ベット戦略アンティ 54865

この記事が入っているマガジン

ポーカーのルールを習得する方法としては 「実践」しかありません。 しかし、ポーカーをプレイする機会が少ないのが現状…。 そんな時は、 オンラインポーカーができるカジノ で経験を積むのがいいでしょう。 カジノホールデムポーカーでは、手札がノーペアである確率は 50。 最初のカード2枚のカードでノーペアでかつAまたはKが含まれている確率は 6。 ポーカーの勝負に関係なく、配られたカード2枚と最初のオープン3枚により配当が存在するものです。 ただし、アンティベットだけではなくコールベットもしておかなければなりませんよ。

コメント