外国の経験

日本カジノの入場料6000円は高い?月10・週3の回数制限は?

マネーゲームカジノ入場制限 12616

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 天気 プレスリリース検索。

入場料は約6000円?カジノはどのように利用することになるのか

マネー・ローンダリングの観点では、さまざまなテーブルゲームやスロットマシーンでプレーをすることにより、カジノ施設内での顧客の資金の流れが不明確になってしまうという問題があります。 ジャンケット制度(顧客のプロモーション、与信・債権回収をする事業者)が関わるとこの点が益々不明確になります。 暴力団などの反社会的勢力との観点では、一見顧客が多いことや入場の即時性の観点から、顧客の入場にあたっての反社チェックが不十分になってしまうという問題があります。 暴力団対策が厳格となっている昨今では、暴力団員の周辺者(いわゆる「共生者」)や偽装離脱した元暴力団員が増えており、反社会的勢力の資金源の中心となってきております。 警察ですら共生者のデータを有していないことに鑑みれば、暴力団の資金がカジノ施設内に流入するおそれがあります。また、警察は更生をしている元暴力団員もいることから元暴力団員に関する情報提供に消極的です。

1 IR推進法案と「IR実施法案の基本的な考え方」

この事態を鑑み、年にカジノのライセンスを監理監督する「ゲーミング・コミッション」や「ゲーミング管理委員会(GCB・Gaming Control Board)」が組織され、「犯罪に関わりある人物の徹底排除」や「マネーロンダリングへの厳格な取締り」を行い、犯罪組織の影響を払拭することができました。 また「ギャンブリング・コミッション」というカジノ運営の監視と監督する委員会を発足し、法制の強化に努めています。 イギリスでのカジノは、賭博の管理を目的に「会員クラブ制」を軸に「48時間待ち会員登録制」「ドレスコード(服装規定)制定」「クラブ内アルコール提供禁止」「ゲーム台数や賭け金上限の厳格化」でカジノを適正に運用されるよう規制しています。 現在、我が日本国においてもカジノギャンブリングを合法へと法制化を国会で検討審議されていますが、これから日本で「カジノの合法化」によるメリットと、取り沙汰されているデメリットを以下に列記します。 ここで列記された内容は、各関係団体や関係文献などで見受けられる事項を引用・集約したもので、殊、カジノギャンブリングのみにフォーカスしています。 カジノギャンブリングは、プレイヤー(利用客)に多くの勝つチャンスを与えながら、ゲームを長く興じてもらう事で確実に収益を上げることが出来る仕組みになっています。 それは、運営側(ディーラー側)は少量の勝ち金控除率で運用することがカジノ規定ですが、ギャンブルとして僅かに有利となっているため、プレイヤーの利用時間数に相応して勝ち金控除で得られる金額が増えるということです。 文献にあった例として、オランダのアムステルダムにある「ホーランド・カジノ」での収益を挙げます。 税収効果の他にカジノ運営にはレジャー施設運営において重要な貢献性があります。 ラスベガスやシンガポールのようなカジノ施設を含む「統合型リゾート」は、これまでにも日本国内にあった「複合型レジャー施設」と比べて、以下の事項に挙げるとおり、一般的にカジノによる収益性が高いことと云われています。 ギャンブルでよりリスクを懸念される問題が「依存症」です。 ギャンブルは、回数を重ねる事で自己制御を失い、次第に生活に悪影響を及ぼし、それが現実逃避の唯一となり、強いては絶望にまで自殺思考にまで堕ちてしまう病気となる人が少なからずいます。

コメント