外国の経験

クレジットカードって何?仕組みからメリット・デメリット、おすすめカードまで解説

決済方法マスターカード 44643

クレジットカードって何?

クレジットカード決済とは、近年のネット通販の発達と共に、時間や場所を選ばずに、 クレジットカードを持っていれば、簡単に買い物できるような決済方法の一つ を指します。 快適なネット通販には安全・便利な決済手段が求められています。多様な決済方法の中でも特に、クレジットカード決済は不可欠な支払い方法になりつつあります。 はじめに購入者、事業者 ネットショップ店舗 、クレジットカード会社 VISAやMasterなど の3者間の関係性について解説します。その後、「決済代行会社」という、日常あまり馴染みのない関係者を加えて、購入者、事業者 ネットショップ店舗 、クレジットカード会社、決済代行会社の4者間の関係について解説します。 ネットショップでお支払いする際、「クレジットカード決済の手数料はかかるの?」「誰が負担するの?」など疑問に思ったことはありませんか?それを解明するためには、購入者・クレジットカード会社・事業者 ネットショップ店舗 の3者の関係を理解する必要があります。購入の流れに沿って下図にて解説します。

クレジットカード決済の仕組み

社会人の必須アイテムでもあるクレジットカード。日々の買物から公共料金の支払いまで、さまざまな場面で利用することができます。クレジットカードは、とても利便性の高いものである一方で、使い方を間違えてしまうと思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。また、初めてクレジットカードを持つ方は、実店舗やネットショッピングにおけるクレジットカード決済の方法に迷う場合もあるでしょう。 そこで今回は、初めてクレジットカードを利用する方が押さえておきたい、クレジットカードの使い方や注意点などについて、詳しく解説していきます。 クレジットカードを初めて使ってみたいという方には、クレジットカード決済ができて、サインや暗証番号の入力も不要な大手のコンビニでの使用がおすすめです。ただし、サイン不要な決済は、少額に限定されますのでご注意ください。 コンビニのレジでクレジットカード決済をする場合、おおよそ次の2とおりの手順となります。

決済方法マスターカード 29282

場所を選択してください

更新日: 。 現金からキャッシュレスへ時代が変化しつつある昨今、「まずはクレジットカードから始めてみよう」と考える方も多いでしょう。ここでは、そんなキャッシュレス生活への第一歩を踏み出そうというみなさんに向けて、クレジットカードの基礎知識をわかりやすく解説します。 クレジットカードの仕組みからメリット・デメリット、失敗しない選び方、おすすめのクレジットカードまで幅広く解説していきます。ぜひご覧ください。 クレジットカードとは、後払いができるカードのことです。コンビニやスーパーでのショッピングのみならず、オンラインショッピング、水道や光熱費等の公共料金、税金など幅広いシーンで支払いに利用できます。現金を持っていなくても買い物ができたり、支払いをするたびにポイントが貯まったり、海外旅行保険が付帯したりと便利でお得なカードです。 クレジットカードと似たものに、デビットカードやプリペイドカードなどがあります。これらには明確な違いがありますので、まずはその点を以下で確認していきましょう。 クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードの主な違いは「引落しのタイミング」と「審査の有無」です。前述のとおり、クレジットカードは後払いのシステムを採用していますが、一方、デビットカードは即時払いで、プリペイドカードは前払いです。 クレジットカードは支払ったあとに、翌月か翌々月、指定の口座から現金が引落とされます。しかし、デビットカードは、支払った直後に指定の口座から現金が引落とされる仕組みです。このように即時払いなので、デビットカードの場合、預金口座の残高を超えて支払うことはできません。 反対に、クレジットカードは後払いが可能ですから、支払い時に預金口座に現金がなくても、引落日までに現金を準備できれば問題ありません。 プリペイドカードは、事前に現金をチャージして利用するカードです。コンビニでiTunesやGoogle Play、Amazonなどのマークが印刷されたカードを見たことがありませんか?それがプリペイドカードです。プリペイドカードは、あらかじめチャージした分しか支払いには使えません。1,円チャージしたら、使えるのは1,円までです。プリペイドカードは前払いなので、使いすぎの防止につながる点がメリットになります。 また、クレジットカードは信用に基づいて発行されるので、必ず審査があり、18歳以上 高校生を除く でないと発行することができません。クレジットカードの「クレジット credit 」とは、「信用」という意味であり、カード会社の審査に通過した方にクレジットカードが発行されます。 その反面、デビットカードやプリペイドカードの場合は一部年齢制限がありますが、審査は不要です。このように、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードは、「引落のタイミング」と「審査の有無」が大きな違いです。 クレジットカードには、状況に応じて複数の支払方法が用意されています。支払方法としては主に「1回払い」、「2回払い」、「ボーナス一括払い」、「ボーナス2回払い」、「分割払い」、「リボ払い」があります。 ・1回払い 1回払いは締め日までの利用料金を一括して支払う方法です。 ・2回払い 2回払いは締め日までの利用料金を翌月と翌々月に分けて半額ずつ支払う方法です。 ・ボーナス一括払い ボーナス一括払いは、年2回 夏・冬 のボーナス時に、一括で支払う方法です。 ・ボーナス2回払い ボーナス2回払いは、年2回 夏・冬 のボーナス時に、半額ずつ支払う方法です。 ・分割払い 分割払いは、分割回数に応じて利用料金を均等に分割し、毎月支払う方法です。 ・リボ払い リボ払いは、毎月の支払額を一定額に設定し、支払っていく方法です。リボ払いは支払額が一定なので家計の管理がしやすい点はメリットですが、支払えなかった分は残高として残ることになります。仮に、大きなお買物で支払残高が増えてしまうと、支払期間が延び、同時に手数料も増えていきます。そのため、リボ払いを利用する際は、計画的に利用しましょう。 関連: 賢いリボ払いの使い方 このようにクレジットカードには、豊富な支払方法が用意されています。現金だと一括払いが基本ですが、クレジットカードを持てば、大きなお買物は分割払いやボーナス一括払いを利用することができ、状況に合った支払方法が選択できます。 関連: クレジットカードを比較して作る。 クレジットカードは、「利用者」、「加盟店」、「カード会社」の3者の存在によって成り立っています。仕組みを理解するために、カード利用の基本的な流れを以下に紹介します。 まず、利用者が街中やオンライン上の加盟店でカードを使います。加盟店はその後、カード会社から利用者の利用代金を受け取ります。そして、カード会社は利用者に請求をおこない、それに応じて、利用者は代金をカード会社に支払います。カード会社は、加盟店から手数料を受け取り、この手数料がカード会社の利益となります。こうして、クレジットカードの後払いの仕組みは機能しているのです。 クレジットカードを使うことで、利用者にとっては現金いらずのスマートなお買物ができるなどのメリット、加盟店にとっては、売上管理の効率化や機会損失の回避などのメリット、カード会社には手数料によって利益が得られるというメリットがあります。互いにメリットを享受する仕組みになっています。

コメント