外国の経験

解約返戻金にかかる税金を簡単に判別する方法

返還率実際の出金時 57049

個人間送金機能とは?

生命保険を解約したときの解約返戻金は、保険契約者が受け取ります。また、保険契約者は保険料を支払ってきた保険料負担者でもあります。したがって、もし 保険契約者が受け取った解約返戻金額が、それまでに支払った保険料の総額よりも多い場合には保険で利益を得たことになり、その差益が一時所得として所得税の課税対象となります 。 本来、生命保険契約では、契約者=保険料負担者=解約返戻金受取人となるのが原則です。 しかし 夫が妻の保険料を負担するなど 、一部で、実は保険契約者以外が保険料を負担しているというケースもあるでしょう。そのような場合は保険料を支払った人と解約返戻金を受け取った人が別人ということになりますので、 税務上は実質的なお金の流れから贈与税がかかる ことになります。 一時所得の金額 = 3,円 - 3,円 - ,円(特別控除)= 60,円。 一時所得には50万円の特別控除があるため、 解約返戻金で得た利益が50万円以下の場合は一時所得は0円となり課税されない ことになります。 解約返戻金を受け取った場合に確定申告が必要かどうかですが、上記例のようにして一時所得を計算して、 一時所得があった場合(その額が0円超の場合)は確定申告が必要 となります。 ただし、本来確定申告の必要がない給与所得者の場合で、解約返戻金を含め 給与以外の所得が20万円以下のときは確定申告をしなくてもよい ことになっています。その場合は、結果的には税金も非課税ということになります。

まずは1年間の医療費を計算しよう

保険は「相互扶助の精神」で成り立っています。これが他の金融商品と大きく異なっている保険の最大の特徴といってもよいかもしれません。相互扶助とは簡単に言うと「万が一の事態が起こっても経済的に困窮することがないように、多くの人が日頃から少額のお金を出し合って備え、その中から不測の事態で困っている人にお金を渡して助け合おうという考え方」です。 この保険の仕組み、助け合いの精神を効率的にうまく運営していくには、契約者全員が支払う保険料の総額と、受取人が受け取る保険金の総額を等しくする必要があります。もちろん実際には、保険会社が業務を遂行するためのさまざまな諸経費がかかっていますし、また、契約者から集めた保険料を資産運用したりもしています。そのため保険の収入と支出の関係は、以下の計算式のような構造になっています。 保険会社は将来の保険金 死亡保険金や満期金など の支払いにあてるため、契約者から集めた保険料の一部を積み立てていきます。そして契約者に約束した保険金を確実に支払えるように、さらには少しでも有利になるようにするために運用していきます。この運用によって得られる収益をあらかじめ予測して一定の利率で保険料を割り引きます。この計算に使用する利率を「予定利率」といいます。

医療費控除額を算出する

もしそうだとしたら注意が必要です! 返戻率は確かに貯蓄性をあらわす目安です。しかし、 単純な返戻率の比較だけでは、本当によい商品かどうかはわかりません 。 たとえば、総額万円の保険料を支払う場合でも、契約時に一括で万円を支払った場合と、毎年10万円ずつ10年かけて支払った場合では、同じ利率で運用したとしても契約から18年後に受け取れる金額は違ってきます。 一括で万支払った場合は生命保険会社は万円を18年間運用できますが、10万円ずつ10年間の場合は万円すべてを運用できるのは8年間だけで、それ以前の10年間は万円より少ない金額しか運用できません 。細かい計算をしなくても、一括で支払った方がお金が増えることはおわかりいただけると思います。 つまり、 こどもが生まれたときに低解約返戻金型終身保険に加入して10年とか15年くらいまでの間に保険料を支払い終えれば、こどもが大学に入学する18年後に解約して、支払った保険料以上の解約返戻金を受け取ることができます。

コメント