意見

外貨両替に定評のあるマネパカードを利用・検証してみた

入金検証ユーロからドル 23706

マネパカードで発生する手数料。両替時の為替レートについて。

海外送金は、主要な都市銀行、ゆうちょ銀行でも行えますし、楽天銀行、ペイパル、ドコモ、外貨両替専門店トラベレックスなど、以前より選択肢はぐんと増えています。 ただ、悩みの種である 高い手数料 が解消されたわけではありません。 手数料の一例ですが、ゆうちょ銀行を利用した場合、手続き手数料は送金金額にかかわらず、一律円(年4月現在)です。みずほ、三菱東京UFJなどの大手都市銀行は~円ほどかかります。 楽天銀行は送金手数料が円と格安ですが、法人ビジネス口座の開設、海外送金サービス利用申し込みが必要です。 さらに、手数料は手続きにかかる金額だけではありません。 為替そのものにも手数料が乗せられているのです。見落としがちですが、為替に乗せられた手数料もあり、この隠れた手数料こそ無視できない金額になってくることもあります。 私の場合、日本とオランダ両方に仕事の拠点があり、収入が発生するのは主に日本なので、折を見て日本の口座からオランダに開設した口座へ送金を行っています。 TTBとTTSレートをネットで公開していないようなので、窓口に行くか電話しないとレートがわからないのが不満なのですが、手数料が安いのでゆうちょ銀行を使っていました。 そんな折、うれしいニュースが飛びこんできました。 TransferWise(トランスファーワイズ)が日本円の取引を開始した というものです。 TransferWiseとは。 TransferWise は、オンラインで海外送金サービスを行う企業です。手続き手数料を抑え、為替手数料をゼロにした画期的なサービスで、年に開始して以来、一躍注目を浴びました。

入金検証ユーロからドル 13837

海外送金サービス「TransferWise」を使ってみた

LION FXでは22行の銀行からレートの提供を受けており、その中のベストBID、ベストASKを採用し、配信しています。 またカバー先が多いことにより流動性が確保でき、透明性の高いレート配信ができております。 他社とのサービス内容を比較してみました。 LION FXはスプレッド、スワップ、キャンペーンなど様々な点でお客様を全面バックアップ致します。 また、カバー先と連携し、よりよいレート配信ができるように努力し続けたいと思います。 初心者の方でもわかりやすく文字の大きさやシンプルさを重視し、複雑な機能をあえてカットし作られたのがこのFlashタイプの取引システムです。わかりやすく初心者の方にオススメです。Adobe Flash Playerをインストールされている環境であればすぐに利用可能です。 LION FXでは50種類の通貨ペアを取り扱っております。 メジャーな通貨ペアから、人気の通貨ペア、マイナーな通貨ペアまで幅広いラインナップで取りそろえておりますので、お客様の取引手法に合わせて選んで頂くことが可能です。

海外送金サービス「TransferWise」を使ってみた | ライフハッカー[日本版]

海外旅行をするほとんどの方が「お得に外貨両替したい」と考えていることでしょう。その反面、為替 rate や手数料等を考えるのは面倒と言う方も多いことと思われます。 外貨両替に定評のある 「マネパカード」。 しかし、発行元のマネーパートナーズ(以下マネパ)の website は良いことしか謳っていないのではないだろうか?また、多くの情報と丁寧な説明でマネパカードの比較分析をしている website も見受けられますが、為替や外貨両替に苦手意識がある方にとっては少々難しいかもしれません。 そこで今回は、実際にマネパカードを利用&検証し外貨両替や海外旅行に適しているのか否か、また一番お得な使用方法を、外貨両替に苦手意識のある方にもわかりやすいようにまとめて share いたします。 一言で申し上げると、マネパカードは prepaid card です。読んで字の如く、 prepaid (前払い)で事前に cash を card に 入金 して使用するもので、 credit card ではありません。少し乱暴ですが、SuicaやICOCAなどと同じようなものと考えればわかりやすいでしょう。

コメント