意見

【追記あり】ダブルチャンス賞発表! 2019年 - お年玉付き年賀はがき当選番号と引換方法

ポイントの換金方法お年玉抽選結果発表 41800

デジタル時代にこそ、送りたいはがき

年賀状を作成していて、宛名やメッセージを書き間違えてしまった…といったミスをすることは少なくありません。 一般的な便せんとは異なり、年賀はがきは1枚60円以上する物なので、書き損じたはがきをそのまま廃棄してしまうのはもったいないところです。 そこで今回は書き損じの年賀状を有効活用する方法をまとめました。すでに書き損じはがきを持っている方も、これから年賀状作成に取りかかる方も、万一のためにぜひ参考にしてください。 最近はデザイン面、宛名面ともに手軽に印刷できるようになったので書き損じのリスクは減りましたが、一言添え書きする際などに誤字・脱字してしまう可能性はゼロではありません。 1文字抜けた、あるいは間違ったくらいなら、修正液や修正テープを使ってごまかせるのでは?と思われるかもしれません。しかし、どんなにきれいに修正したつもりでも、改めて見直すと修正した箇所だけ周囲から浮いているのが一目でわかります。 年賀状は新年を迎えて初めてのご挨拶ですので、書き損じたはがきを修正してそのまま出すのは失礼になってしまいます。たとえ友達宛であっても「親しき仲にも礼儀あり」といいますので、1文字でも書き損じたら新しく書き直したほうがよいでしょう。 特に宛先や宛名を間違えてしまった場合、修正して出すのはNGです。 本来、年賀状は日頃交流があったりお世話になっている人に挨拶するための書状ですが、書き損じはがきを送るとかえって失礼になってしまうため注意しましょう。 書き損じた年賀状は廃棄するしかないのか…というと、そんなことはありません。実は書き損じた年賀状は郵便局の窓口まで持っていくと、所定の手数料を支払うことでさまざまな物に交換してもらえます。 ただし、現金や印紙に交換することはできません。以下で書き損じ年賀状と交換できる物と手数料を種類別にまとめました。

ポイントの換金方法お年玉抽選結果発表 28894

現在取扱い中の宝くじ

年賀状を毎年送ったり受け取ったりされる方の中には、お年玉付き年賀はがきの当選番号を必ず確認する、という方も多いのではないでしょうか? 年はじめの運試し、ちょっとしたお楽しみでもありますよね。 今回、「終活ねっと」では、 お年玉付き年賀状について 以下のポイントに沿ってご紹介したいと思います。 これまでお年玉くじをあまり気にしていなかったという方も、ぜひ最後までお読みください。 年明けに年賀状を受け取るのが、きっと楽しみになると思います。 お年玉付き年賀はがきで当たる賞品を紹介する前に、「お年玉付き年賀状」についてご説明します。 「お年玉付き年賀状」とは、 日本郵便株式会社が販売する年賀はがき のことです。 年賀はがきとして販売されているものには、基本的にはがきの下部にお年玉くじの6けたの番号が付いています。 また、年賀用に販売されている郵便切手にも、お年玉くじが付いたものがあります。 お年玉くじは、京都在住の民間人・林正治氏の画期的なアイデアから誕生したそうですが、その歴史は年までさかのぼります。 終戦直後で通信手段が十分でなかったことから、「年賀状が戦前のように復活すればお互いに消息も分かり、戦後の沈んだ気持ちから立ち直るきっかけになるのでは」との考えがはじまりだったそうです。 年賀状に賞品が当たるくじを付ければ、買ってくれる人が増え、更にはがき料金に寄付金も付加することで、社会福祉に役立てようと考えたそうです。 その後林氏は、自身で見本はがきや宣伝用ポスターを作成するなどして、当時の郵政大臣(=現在の総務大臣)に何度も直談判し実現したそうです。 一般の方の復興への熱意が、現代の当たり前に繋がっているのですね。 さて、お年玉付き年賀はがきで当選する賞品にはどんな種類があるのでしょうか? 年を例に、4種類の賞品をご紹介します 。 なお、以下に挙げる賞品は、あくまで年のお年玉付き年賀はがきで当選するものです。 当選賞品のラインナップは毎年変わる可能性がありますので、ご注意ください。

コメント