意見

初心者でも安心!マカオカジノの疑問点やルールを徹底解説♪

高級カジノリゾートカードカウンティングのブラックジャック 52053

■ブラックジャックの攻略法は?

今回、友人とラスベガス6日間の旅に出かけることになりました。旅の目的は、もちろん観光がメインですが、8割方カジノです。 行く前から友人と大体の目標を決めていました。 目標は高くという事で、100万円の勝利。悪くても25万円の勝利で、旅行代金をチャラにするというのが最低限の目標です。 まず最初に受付で会員カードらしいものを作ってプレイすることになりました。 最初は作らなくていいかなと思ったのですが、一緒に行った友達が作ったほうがいいと進めてきたので、作っておくことにしました。 MGM MIRAGE プレイヤーズ クラブという会員カードで、スロットやテーブル ゲームで現金に換金できるポイントを獲得できます。オンラインカジノでいうコンプポイントが貯められる物と同じようです。 出典: プレイヤーズ クラブ - ベラージオ カジノ - ラスベガス。 このカードは、ベラッジオだけでなく、MGM グランド、ミラージュ、 トレジャー アイランド、ニューヨーク-ニューヨーク、マンダレー ベイ、ルクソール、エクスカリバー、モンテ カルロ、 MGM グランド デトロイト、ゴールド ストライク-チュニカ、MS およびボー リヴァージュ(ミシシッピ州ビロクシ)など、11 の関連リゾート & カジノでも使えるので、便利だそうです。

ラスベガスツアーで本場のカジノを体験した記録。

カジノゲームの一つとして有名なブラックジャックをご存じでしょうか。 このブラックジャック、海外では若者から主婦層、ビジネスマンに人気のあるゲームなのです。 その理由はマニュアル本に書かれている方法を身につけることができれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎができるからなのです。 とはいってもギャンブルだから、お金を稼ぐだなんて絶対に無理だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかし、海外では、パチンコ店に行く感覚でブラックジャックを楽しむ方がたくさんいるのです。 カジノゲームの中で、初心者の方でも気軽に遊ぶことができるブラックジャックですが、カジノ店にお客が少ないと、ディーラー対プレーヤーが1人のみということもあります。 こんな時は要注意してください。 ディーラーが1人のプレーヤーにカードを配るとすぐにカードがめくられ、ゲームの勝ち負けが分かります。 1対1のゲームを実際にやってみるとわかりますが、プレーヤーが自分一人だと、かなりの重圧がかかります。 プレーヤーはカードを引くか、引かないかの選択権がありますが、向かいのテーブルにいるディーラーをあまり待たせると悪いと思い、ゲームを慌ててしまうことがあります。 1対1のゲームの場合、あっという間に賭けチップをディーラーに吸い取られてしまい、思わず心の中で泣いてしまうこともあるかもしれません。 実は、ゲームの進行を早めるのは、ディーラーのテクニックの一つだと思っておきましょう。 本場のカジノでは、ディーラーは歩合制である場合が多いため、いかに客から賭けチップをまきあげることができるかが重要なのです。 そこで、ブラックジャックのテーブルを選ぶときは、すでにテーブルに2人か3人腰かけているテーブル席を選ぶことが大切です。 ゲームの進行はディーラーが握っているので、複数のプレーヤーがいるテーブル席の方が、カードを引くか引かないかについても、冷静な判断をすることができるのです。 プレイヤーとディーラーが1対1の勝負を行なうブラックジャックはカジノでは大変人気があります。 ルールは、点数合計が21を超えないようにしながら、点数の合計を21に近づけた方が勝ちと言うシンプルな物になっています。 そして単に数字の単純な合計では面白くないので、絵札は10とみなし、Aは、11か1とカウントします。 そしてゲーム中でディーラーから配られたカードが、Aと10に相当するカード、つまり10・J・Q・Kのいずれかで21点になるようなことが、稀に有ります。

高級カジノリゾートカードカウンティングのブラックジャック 50231

2.カジノが楽しめるおすすめホテルは?

マカオ最大のエンターテイメントと言えば・・・やっぱりカジノですよね! 日本にもIR 統合型リゾート施設 が出来るとはいえ、まだまだ「ギャンブル」に抵抗を感じる方も多いはず。 また、「そもそもどのゲームをやればいいのか分からない」「ルールを知らないから選択肢がない」という方もいますよね。 今回は、そんな初心者の方の不安や疑問点を1つ1つ解消していきます! 世界中から来る裕福な観光客を目当てに悪事を働く中国人が多く、カジノに慣れていない日本人も狙われやすいんです。 貴重品が入ったバッグ、財布などを椅子の横に置いたり後ろに置く事はとても危険なため、必ず自分の前に置くか、荷物は預ける事を習慣づける必要があります。 土日は来場者が多く稼ぎ時ということで、最低掛け金が上がる傾向にあります。 例えば、ルーレットが平日はドルスタートなのが、土日はドルスタートになるなどです。 「損をしたくない!」と考える方は旅行日程をずらすなど、考慮が必要です。 基本は顔チェックのみですが、稀にパスポートの提示を求められる場合があります。 私も22歳でパスポートチェックを受け、ホテルに置いて行っていたため入場出来なかったことがあります・・・ 保護者が同伴していたとしても、子供の入場は認められませんのでご注意を! また、カジノといえば「タバコをスパスパ吸いながらコインを積む」というイメージがありますが、年の法改正によってカジノ内は禁煙となりました。 喫煙したい人は、カジノ内に設置されている喫煙所で吸ってください。 カジノに来る人には、諸事情により知り合いにバレてほしくない人がいることなどを配慮して、内部の撮影はできません。 ただし下の写真のように、外観を撮影する分には問題ありませんので、SNSにあげたい場合は外部を撮影しましょう。

コメント