意見

【国内犯解釈論×賭博罪|オンライン・カジノ|海外サーバー】

適法性県レベルのカジノ 43036

1 オンラインカジノ

インターネット等を通じて行われるカジノをオンラインカジノ(online casino)と言います。英国領マン島、フィリピン、マルタのように、オンラインカジノを合法化している国・地域もあります。わが国では刑法条の賭博罪、条2項の賭博開帳罪に違反するのではないかとの議論があります。 最近、プロ野球の元投手である韓国人がマカオで多額の賭けをして「海外遠征賭博」により、韓国当局により逮捕されたことが話題になりましたが、これは、韓国の関連刑法において、「属人主義」を採用しているからであると思われます 。 このようなオンラインカジノについて「違法ではない」と主張する者も、完全に「合法である」とは主張しておらず、以下のとおり、「グレーゾーン」でありプレーをしても(常習 )賭博罪に該当しないので、「安心してプレーをしてください」「インターネット賭博カフェと自宅でのネット賭博は違うので安全」などと説明しているのです。

1 国内犯|犯罪行為地の解釈論|概要

カジノ合法化 に関する よくあるご質問 私たちは、人、まち、社会を破壊するカジノ賭博合法化に反対します。 また、現存ギャンブルにより生じている被害の回復と、新たな被害が生じないための仕組みを講じることを求めます。 ツイート   シェア。 全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会 連絡先:事務局長 弁護士吉田哲也 兵庫県三田市中央町9-38 ユマニティビル2階 | 弁護士法人青空三田支所 三田あおぞら法律事務所   TEL Copyrights C ANTI-CASINO。 NET All Rights Reserved。 カジノ実施法は、2016年12月に成立した 「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」 を受けて、2018年7月に成立した正式名称 「特定複合観光施設区域整備法」 です。刑法上の犯罪である賭博であるカジノ賭博を、一定の条件のもとで合法化するための法律です。

適法性県レベルのカジノ 17468

IRにおけるゲーミングライセンス制度 第33回「オンラインカジノの合法性の検討」

本記事では賭博罪における国内犯の解釈論を説明します。 というのは,賭博罪は『国内犯』だけが処罰対象とされているのです。 オンラインカジノでは『国内犯』に該当するかどうかが問題となります。 『国内犯』のルール自体については別に説明しています。 詳しくはこちら|国内犯|解釈論・基本|インターネッツ経由の賭博系・表現系犯罪 『国内犯』のルールの概要をここにまとめておきます。 ア 賭博の『結果』=国外 国外のオンラインカジノ(のサーバー)で生じている イ 賭博の『行為』=日本 インターネットに接続した日本国内のPC・スマホなどの端末から行われている ウ 結論 形式的には『偏在説』によると『国内犯』に該当する。 オンラインカジノ・リアルカジノへの参加ツアー(を企画した旅行会社)のいずれも『賭博罪成立』になってしまいます。 違和感を覚える状態です。 1回視点を引いて,常識的に考えてみます。 学説レベルでは,最低限『旅行・ツアーの企画』自体は賭博罪に該当しない,という見解です。 オンラインカジノについては,リアルな旅行と同じとは限りません。 次に『賭博罪の性質』という視点からも眺めてみます。 米国が公認したコトを日本から関与しても『公認の範囲』でしょ!という考え方です。 さすがにこのままではちょっと雑な思考回路です。 現時点ではまだ,判例などの公的判断として採用されている考え方ではありません。 この解釈論に関連する見解がいくつかあります。 次に説明します。

コメント