意見

単純で面白いレッドドッグのルールとやり方、確率と最適戦略

実践レッドドッグスロット 23487

レッドドッグのやり方

レッドドッグは 最初に2枚カードが配られる 。この 2枚のカードのパターンによって3つに分類 できる。2~Aの順で2枚のカードに間がある場合を スプレッド という。例えば4と9が配られたとすると、4と9の間に5,6,7,8が入ることになる。この組み合わせをスプレッドという。 ただし間にカードが入らない組み合わせもある。5よ6のように連続したカードの場合。これを コンセクティブ と呼ぶ。さらに例えばAとAのように同一のカードの場合。これを ペア と呼ぶ。 基本(スプレッド) スプレッドとは最初の2枚のカードの間に数が入る組み合わせのことだ。つまり4と9のカードが配られたとすると、4と9の間に5・6・7・8の数が入る。この組み合わせをスプレッドと呼ぶ。 カジノウォー(Casino War)のルールと遊び方。

レッドドッグのルール紹介

レッドドッグは1デック(52枚)のカードを使うテーブルゲームです。 ベラジョンカジノでは毎回カードがシャッフルされます。 なんで「レッドドッグ」という名前なのかわかりませんけどね(笑)。 カードが3枚配られるので、配当表をチェックしておきましょう。6のところにレッドドッグチップが置かれています。 このまま勝負「CALL」するかコインを倍賭けして「RAISE」するかを選択します。 2枚目のカードが間に入ってると思えば「RAISE」、間に入ってないなと思えば「CALL」します。 ベラジョンカジノのRedDogは ジョーカーを除く52枚の1組(1デック) のカードで行われます。ランドカジノでは6デックを使用することが多いようです。

カテゴリー:カジノゲームルール

レッドドッグでは、ベットするとまず画像のように2枚のカードが場に配られます。 今回は「4」と「8」のカードが配られましたね。 ペア :配られたカードが同じ数字だった場合(「9,9」など)は3枚目のカードが同じ数字だった場合は12倍の配当を得る。3枚目のカードが別の数字となった場合は引き分け。 最初の2枚が同じ値の場合、もう1枚が自動で配られ3枚目も同じ値で3カードになると、12倍もの払戻しを得ることになります。 3カードは別名「レッドドッグ」と呼ばれています。 なお3枚目が違う値だった場合の結果は引き分け。 その中でスプレッド7以上の状況が来た時に、レイズで大きな払戻しを得られるかがポイントになるでしょう。 今回のレイズ試行回数は回、成功が回と成功確率は69。 スプレッド1で勝った時は超気持ちいいです! まさにドンズバ!っていう感覚です。 非常に面白いゲームだったので今後もジパングカジノでプレイしていきたいと思います! 理系の大学卒、青春の曲はマイラバの「Hello, Again ~昔からある場所~」。マカオで初めてカジノを体験し、その面白さにハマってオンラインカジノを始めました。 スロットよりもテーブルゲームがメイン。 一番興奮するのはバカラで罫線予測(主に小路)で他のプレイヤーが大路予測で賭けている逆に賭けて勝利した時です。

コメント