品質

【簡単解説】カジノ法案が成立!IRの実態とメリット、デメリットとは?

メリットとデメ船上カジノ 44748

1 カジノ解禁×IR|プラス効果

日本発のクルーズ船でもカジノを楽しむことが可能なのですが、日本国籍で日本国内をクルーズするような豪華客船の場合は、残念ながら現金を賭けたりすることはできません。 スロットやルーレット、ブラックジャックやバカラといったカードゲームを楽しむことができますが、お金ではなく専用のコインを使って賭けていくことになります。買ってコインを増やすことができれば、オリジナルグッズなどの記念品といった日なものと交換してもらえます。 日本で生まれた豪華客船で、日本から発着するのだけど運行しているのが外国の船会社であるダイアモンド・プリンセスでは、外国籍という理由から日本の領海をでればお金を賭けた本格的なカジノで遊ぶことが可能です。 日本を出ると外国と同じといった理由からカジノをしても大丈夫になるので、カジノクルーズで世界各地を巡りたいのならダイアモンド・プリンセスを選ぶとよいのではないでしょうか。 ダイアモンド・プリンセスは日本の領海を出るとオープンして、気軽に遊ぶことができます。 旅行の途中ということで特に厳しいドレスコードはありませんが、マナーとしてあまりにも ラフすぎる格好は避けたほうがいい でしょう。豪華客船での船旅ですから、できるだけきちんとした格好で出かけるほうが無難です。

【前述・要約】主な国のカジノ合法化の目的と理由

次に、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」。3つ並んだ57階建てホテルの屋上に、長さ300メートル、ジャンボジェット機4機が入る船のような形の広場が設置されている、極めてユニークな外観の施設です。8年前の2010年に開業し、年間4500万人が訪れるということです。 運営事業者によると去年1年間の売り上げは、31億5400万ドル。日本円に換算して3300億円余りです。 現在、IRの整備に向けた自民党のプロジェクトチームで座長を務める岩屋毅衆議院議員に話を聞きました。 「日本では、小泉政権のころから『カジノを作りたい』という声が地方自治体から出ていた。しかし、ギャンブルを禁止している刑法に風穴を開けるのはハードルが高く、政府は門前払いをしていた」。 そうした中、それまでカジノを禁止していたシンガポールで、国の財政難の打開策としてIRの整備を認められたことをきっかけに、2010年、当時の民主党政権時代に、与野党の有志の国会議員で構成する議員連盟が設立されたということです。 岩屋さんは、「当時はまだ観光が国の中心的政策ではなかった。その後自民党が政権を奪還し、安倍政権になって、成長戦略に『観光立国』が盛り込まれて以降、IRの実現をめぐる議論が加速化した」と説明しました。 ギャンブル依存症をめぐっては、2011年、大王製紙の井川意高・元会長がグループ企業から巨額の資金を引き出し、海外のカジノで使ったとして特別背任の罪に問われ、懲役4年の実刑判決を受けた事件で世間を騒がせました。 井川元会長は懺悔(ざんげ)録として出版した著書「熔ける」の中で、借金が4億円を超えてもカジノをやめられず、奇跡的に勝ちが出るとさらに続けてしまい、結局また借金をする。「地上と天空を乱高下しているような高揚感に身を浸していた」と記述しています。

メリットとデメ船上カジノ 26619

日本版カジノはどんな施設になる?

そこで日本でも財政難の改善やインバウンド誘致を目的として、カジノ統合型リゾート IR の建設に取り組もうとしています。 実際にシンガポールでは、マリーナ・ベイ・サンズなどIR施設とともに治療施設「NAMS 国家依存症管理サービス機構 」を作り、ギャンブル依存症の患者を減らすことに成功しています。

コメント