品質

ベトナムカジノの遊び方や服装等の特徴やホテルも徹底解説

ゲームルールベトナムカジノ 36723

ダナンにあるおすすめのカジノ

ハノイのカジノは「ミニマムベット」と呼ばれる最低限の掛け金が低いので、少額で遊べることもポイント! 50セントからプレイできたり、2ドルからという施設もあったりします。 マカオクラブさんでは1ドルからプレイ可能なので自分の予算に応じてカジノを楽しみましょう! カジュアルOK ハノイのカジノではドレスコードを設けていないところがほとんです。 デニムやスニーカーなどのラフな服装で入場可能です。 冷房に弱い方はカーディガンやストールなどがあると良いです。 ハノイやホーチミンではディーラーによるテーブルゲームが法律で禁止されています。 そのため全てマシンでゲームを行います。 チップの強制はありません。 もちろんチップを渡すとスタッフの方は喜びます笑。

ベトナムのカジノ事情

ベトナムにはカジノがあることを知っていますか? 年齢などに制限はあるものの、ベトナムではカジノを楽しむことができます。とはいっても、ベトナムに来た際にどこのカジノがおすすめであるのかわからない方も多いのではないでしょうか? 今回はハノイ、ホーチミン、ダナンのおすすめのカジノやベトナムでカジノを楽しむ際に気をつけたい服装や年齢制限などについても紹介します。 ベトナムのカジノは基本的に21歳以上から入場可能です。 一部のカジノでは18歳以上で入場できる場合もあります。 また、ベトナムのカジノでは基本的にドレスコードは無いので自由な服装で行くことができます。カジュアルな服装やビーチサンダルなどで露出が少なければ大丈夫ですが、カジノによっては入店を断られる場合もあります。それなりにTPOをわきまえた服装で行くようにしましょう。

ホーチミンのポーカー(2019年10月)

人気のゲームは バカラ 、 ブラックジャック 、 ルーレット 、そしてスロットとなってます。 現地で税金が引かれる事はありませんが、 5,000USD相当の外貨を所持する場合は、出国の際にだけ空港で税関申告が必要になります。申告せずに持ち出そうとすると、没収される ので要注意。

ベトナムにはカジノがある? 服装や年齢制限、ホテルにある店舗も紹介

ベトナムは日本と同じように原則として賭博が禁止されている。カジノは年以降順次外国人向けのものが開設され、年には自国民向けも解禁されている。 細かいルールは分からないが、カジノには、ディーラーがカードを配るタイプのテーブルゲームは基本的に無く、マシンのみ。外国人専用のカジノにはディーラーがいるバカラやブラックジャックのテーブルがある。 ポーカーについては、チップが随時換金できるキャッシュゲームは禁止だが、順位に応じて賞金のあるトーナメントは行われていて、日本からも遠征に行っている人の話は耳にする。 事前にネットでいろいろ検索し、毎日、トーナメントをやっている「Victorious Poker Club」というのがホーチミン市内にあるので、そこを目指すことにしました。Facebookで様子が分かる。

コメント