品質

設定付きパチンコについて

設定変更はどの3Dスロット 39549

基本情報(基本スペック)

シリアル接続で、データを送ってもコンピュータに、「書き込みエラー」「用紙切れ」や 「タイムアウトエラー」が表示され、まったく動作しません。 パラレル(セントロニクス社仕様準拠)接続の場合 弊社ケーブル IPCL5、またはXY-IPC になります。 殆どの場合市販のパラレルケーブルでも動作いたします。 シリアル(RSC規格)接続の場合 弊社ケーブル XY-RS になります。 ケーブル内の結線は ここ をご参照ください。 通常この結線のケーブルで無いと動作いたしません。 お手持ちのパソコンのシリアル端子の形状がこれと合わない場合は、 この結線のケーブルを自作していただくことなどが必要となります。 お使いになるソフトウェアによってはケーブルが変わる場合がございますので、 十分ご確認いただきますようお願いいたします。 以下の通りです。 硬度(ショアD):50~55 針入度:0。

天井/設定変更:パチスロ 貞子3D

パチスロ における 設定 (せってい)とは、パチスロ機のボーナス・小役等の確率を(あらかじめプログラムされた範囲内で)変更し、最終的な出玉率(機械割)を上下させることができる機能のこと。 [1]。 パチンコ における 釘調整 と同様の意味を持つ機能である。 近年ではパチンコにおける釘師同様、ホール内のパチスロ機の設定配分を決定する人間のことを 設定師 (せっていし)と呼ぶようになっており、一部には「カリスマ設定師」と呼ばれる人間も現れている。 大当たりの抽選に際しパチンコ玉の物理的な運動を伴うパチンコ機と異なり、パチスロ機の場合は大当たりの抽選に物理的な運動は関与せず、大当たりの抽選は全て内蔵されたコンピュータにおける 乱数 によって行われる。従ってパチンコ機( デジパチ )であれば、内蔵コンピュータの大当たり確率が固定でも釘調整でスタートチャッカーへの入賞率等を変化させて出玉を上下させることができるのに対し、パチスロ機では内蔵コンピュータの大当たり確率等が完全に固定されていると、店側は出玉を調整する手段がないことになってしまう。このためパチスロ機では当初より大当たり確率等を店側で調整できるようにする機能が不可欠とされ、そのために設定機能がつけられている。ただし例外はあり、『 パルサーワン 』( 山佐 )のように設定が1段階しかない(=出玉率の調整が不可能)という機種も稀に存在する [2] 。なお、現在はパチンコ機でも設定の機能を付加することが認められており、設定の機能が搭載されている機種では大当り確率を変えることが可能となっている。 各設定のボーナス・小役等の確率は、あらかじめメーカー側でプログラミングされた上で、 保安通信協会 (保通協)等の「指定試験機関」における検定で最終的な出玉率が一定の基準の範囲内に収まっているかどうかをチェックされ、それをクリアしたものだけがホールへの設置を許可される。従ってパチスロ機の設定は(特に改造等を受けていない限り)全て 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律 (風適法)の基準に適合していることがあらかじめ確認されていることから、パチンコ機の釘調整と異なり、パチスロ機の設定変更は違法性はない。このため、かつてはイベント等で営業中に設定を変更するサービスを行う店も多かった(現在は営業中の設定変更は「射幸心を煽る行為」であるとして、行政の指導により事実上禁止されている)。

コメント