品質

ベトナムの大型カジノ計画再開 米企業と合弁、投資額40億ドル

はライブベットカジノ大手ゲンティン 47568

ゲンティン・マレーシアにとっては費用高騰もハイランドテーマパークは20年第3四半期のオープンに向けて順調

マレーシアの統合型リゾート、リゾートワールド・ゲンティン RWG の経営陣は、カジノ事業者大手のゲンティン・マレーシアにとって費用の高騰が懸念材料になっているものの、待望の屋外テーマパークが20年第3四半期までのオープンに向けて順調に進んでいることを認めた。 RHBのアナリスト、Lee Meng Horng氏とLoo Tungwye氏は、以前はゲンティン・ハイランドとして知られていたリゾートワールド・ゲンティンで開催された投資家デーの後で「経営陣は、 我々の想定と同じように 屋外テーマパークが20年第3四半期までにオープンできることを確信しており、現在昨年停止されたプロセスを再開していると述べた。しかしながら、完成の度合い、そして過去数か月間の積極的なスタッフの雇用から判断して、予定より早いオープンの可能性について考える必要がないとは思わない」と述べた。 メイバンク投資銀行のSamuel Yin Shao Yang氏によると、そのようなシナリオではいずれにしてもまずは、全ての乗り物を徹底的にテストし、フォックス・ディズニーが最終的な認証を与えるられるようにするために、ゲンティン・マレーシアは20年第1四半期までにテーマパークの建設作業全てを完了させる必要がある。

本気で日本のカジノ市場4兆円の予測でいくのか?

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。 注3 各統計はそれぞれAmerican Gaming Association, Gaming Inspection, and Coordination Bureau発表値を参照。

カジノ大手ゲンティン サムライ債で200億円調達

Evolution Gaming. CHECK.

Mr Green. NetEnt Mr Green. Mr Green. Mr Green.

コメント