品質

ラスベガスのカジノ、今後はスキルゲーム!

新世代ギャンブルレッドカジノ 40105

大学がカジノ推進のシンポジウム? 「#立教はカジノに魂を売るな」と学内外から批判の声

No entry for ドリームカジノ yet。 Write an article。 Tags containing ドリームカジノ。 Uploaded Mar 02, AM。 Uploaded Jan 31, AM。

「学生たちをギャンブル依存症から守って」

ハッシュタグ「#立教はカジノに魂を売るな」を掲げる稲葉剛さん そんな中、立教大学が7月6日にマカオ大学との共催で国際シンポジウム「ビジネスモデルとしての日本型IR」を開くことを決め、学内外から批判の声が高まっている。 特別講演として、マカオの「新世代カジノ王」と呼ばれるローレンス・ホー氏をはじめとする3人のカジノ経営者を海外から招き、基調講演は観光庁審議官。カジノを推進する布陣一色だ。 大学がカジノを推進しているとも見える内容に、立教大学大学院21世紀社会デザイン特任准教授で、ギャンブル依存症に苦しむ人も多いホームレス支援を長年行ってきた稲葉剛さんはTwitterでハッシュタグ「 立教はカジノに魂を売るな」を作り、反対の声を広げている。 また、大学の運営組織にシンポジウムの内容をはかる際に、別の研究者が登壇するかのように説明をして承認を受けていたといい、承認後に登壇者を差し替えた疑惑も浮かんでいる。 いったい何が起きているのか。 登壇者がカジノ経営者ら全てカジノ推進派。マカオ大学と立教大学の共催で、豊島区が後援に名を連ねている。 3日間のプログラムはカジノ経営に関心のあるビジネスマン向けで、受講料も15万円と高額だが、今回問題となっている一般向けの国際シンポジウム「ビジネスモデルとしての日本型IR」だけは入場料円で、学生は無料としている。 プレスリリースでは、「本シンポジウムでは日本型IRにおけるビジネスモデルについて、観光教育の実績を持つ本学として学術的側面を中心に議論する場を提供します」と説明している。 講演に招かれたのは、マカオのカジノ運営会社会長兼CEOのローレンス・ホー氏を初め、香港、アメリカに本社を置くカジノリゾートの経営者3人と、観光庁審議官の秡川直也氏だ。 パネリストとしてもカジノの運営に関する情報を発信するサイトの編集長、リゾート運営会社、海外旅行会社の経営者が加わり、全ての登壇者がカジノを推進する立場をとる。 これに、最初に批判の声をあげたのが、長年ホームレスや貧困支援を行い、立教大でも特任准教授として貧困問題について講義をしている稲葉剛さんだ。 「日本は海外に比べてギャンブル依存症の発症割合が高いですし、ホームレス支援に取り組んでいると、特に若い世代でギャンブル依存症が多いのです。パチンコから始まり、闇カジノで身を持ち崩した体験を話してくれた人は一人や二人ではない」 少し古い調査だが、年12月にビッグイシュー基金で若者のホームレス50人に聞き取り調査をした結果、50人中14人がギャンブル依存症の傾向があった。

Popular videos

スキルゲームとは? ビデオゲーム・ギャンブリング・マシン(VGM)であり、スキルを重視したゲームにより勝敗をかけてギャンブルするカジノ・ゲームの事です。一昨年前より、北米カジノ業界では、これまでの 「ゲーム・オブ・チャンス」 -(コンピューターソフトにより、乱数を発生させ、あくまでも運要素のみで勝敗が決定するゲーム)から 「ゲーム・オブ・スキル」 -(テレビゲームや家庭用ゲームのような、プレイヤーのスキルが勝敗の決定に関与するゲームで、パズルゲームやソリティアや簡単なスポーツゲームなどが含まれます)への移行が始まっています。従来は、アタリ、任天堂、XBOX、ソニープレステなど、家庭や友達同士でのゲームセンターなどでテレビゲームを楽しんでいましたが、現在では、オンライン・カジノでお金を賭けたゲームが続々と登場してきています。ラスベガスなどのリアルなカジノでも徐々にスキルゲームを設置しているカジノが目立つようになってきました。従来のスロットマシンのような 「ゲーム・オブ・チャンス」 に比べると、 「ゲーム・オブ・スキル」 は若いジェネレーションに受け入れられる要素が多く、スロット離れが厳しいカジノ業界に新風が吹かせることができるかが鍵になっています。監視管理局側としても、このゲーム・オブ・スキル普及いよる未成年ギャンブルの問題も出てくるので、慎重に検討をしているところも少なくありません。 スキルゲームをリアルなカジノに導入している会社はいくつかありますが、其の内の大手、ゲームコ社は、アトランティックシティのシーザーズ系列カジノにて、ビデオゲーム型のギャンブルマシンを昨年冬から設置しています。 ビデオゲームで育ったX世代(~年代生まれ)、ミレニアルズ世代(~年代生まれ)をターゲットにしたこのマシンは、ビデオゲーム、e-Sports、それにギャンブルを掛け合わせた新しいエンターテインメントを作り出しました。その第1弾として、プレイヤーのスキルによって配当が支払われるFPS『Danger Arena』で、アゲームセンタースタイルのビデオゲームキャビネットにコントローラーが付属しています。アトランティック・シティのシーザーズに3台、ハラーズに2台、バリーズ・ワイルドワイルドウエストに2台のトリプルユニットが設置導入されています。 ゲームコ社のCEOであるBlaine Graboyes氏は、「カジノフロアに次の世代のプレイヤーを引きつける市場初の試みは非常に刺激的です。また、シーザーズと共にアトランティックシティで導入することにとても興奮しています」と語っています。 オムニアは今超はやりのクラブです。 スポーツベッティング。シーザーズパレスのスポーツブックには長ーい歴史があります。 物凄く有名な、シーザーズパレスのトイレ。一見の価値あり。

コメント