品質

オーシャンズが仕掛けた仰天トリックの数々をおさらい!

確率事象オーシャンズ11カジノ 20356

犯罪スペシャリスト集団オーシャンズ

photo by facebook。 photo by newsroom。

「オーシャンズ11」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ラスベガスを舞台にした映画といえば、スティーブン・ソダーバーグ監督の『オーシャンズ11』()でしょう。仮釈放中にも関わらず盗みを企てた泥棒&詐欺師のダニー・オーシャン。集めた仲間10人と挑んだターゲットは、ここ「ベラージオ ラスベガス」の巨大金庫です。あまりにも大胆すぎる計画、ダニーの真意とは? ダニーにジョージ・クルーニー、元妻テスにジュリア・ロバーツ、ダニーの右腕ラスティーにブラッド・ピットなど、豪華な顔ぶれでも話題を呼びました。 作中での「ベラージオ ラスベガス」はテリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)の所有ですが、撮影契約を交わした実際のオーナーはスティーブ・ウィンです。彼はプロデューサーのジェリー・ワイントローブと仲が良く、撮影への全面協力を約束していました。撮影準備の期間中にホテルは売却されてしまいますが、新オーナーのカーク・カーコリアンもワイントローブと懇意だったため、撮影は問題なく行われたそう。現在もホテルの運営はカーコリアンの「MGM リゾーツ インターナショナル」です。 彼らが集合するホテルは「アリア リゾート アンド カジノ ラスベガス」です。ラスベガスのカジノホテルでは珍しいシックなデザインは、シーザー・ペリ率いるペリ・クラーク・ペリ・アーキテクツによるもの。自由の女神やローマの神殿があるホテルでは、アクションの緊迫感が出にくいのかもしれません。 看板アップから全景へとわかりやすいカットで登場する「アリア リゾート アンド カジノ ラスベガス」。作中では企業イベントの会場でもありますが、実際もコンベンションホール+ホテル+カジノのIRビジネススタイルです。(写真:ARIA Resort and Casino Las Vegas)。

コメント