品質

子供の学び応援コンテンツリンク集(令和2年5月8日時点)

おすすめサイト集カードを守る 50411

このランキングに関するキーワード

どこでも好きな場所でインターネットに接続できる無線LAN。一般的にはWi-Fi ワイファイ とも呼ばれており、スマートフォン、タブレット端末などの普及により、無線LANを利用する人が急増しています。しかし、利用者が適切な情報セキュリティ対策をとらずにいると、気がつかないうちに情報が盗み見られたり、ウイルスの配布などに悪用されたりすることがあります。無線LANの利用に際し、すぐにやっておきたい必須の対策を紹介します。 近年、スマートフォンやタブレット端末などの普及を背景に、インターネットに接続する手段として、無線LANの利用が拡大しています。無線LANは、電波を使って情報をやりとりするネットワークです。一般的には、「Wi-Fi(ワイファイ)」と言ったほうが、なじみがあるかもしれません。Wi-Fiは無線LANの普及・促進を行う業界団体が定めた無線LANの規格の一つですが、今では無線LAN全般を意味するようになっています。その一番の利点は、どこでも好きな場所でインターネットに接続し、気軽にウェブサイトの閲覧やメールの利用ができることです。最近は公衆無線LANの整備も進み、駅や空港、ホテルや飲食店など様々な場所で無線LANサービスを利用できるようになり、ますます便利になっています。 しかし、無線LANは電波を使って情報をやりとりするため、便利な半面、適切な情報セキュリティ対策をとらずにいると、気がつかないうちに通信内容が盗み見られたり、ウイルスの配布などに悪用されたりするなどの被害に巻き込まれるおそれがあります。 そのため、無線LANを安心して利用するためには、これからご紹介する情報セキュリティ対策をとることが必須です。 さらに具体的な事例については、 手引書「一般利用者が安心して無線LANを利用するために」(総務省) [PDF] をご覧ください。 無線LANに潜む危険を避け、安心して利用するためには、利用者自身が適切な情報セキュリティ対策をとることが必要です。特にスマートフォンは、設定によっては利用者が気づかないうちに無線LANに接続されている場合がありますので、スマートフォン利用者は一層の注意が求められます。 総務省は、無線LAN利用時に、利用者の皆さんが最低限とるべき情報セキュリティ対策を「3つの約束」として取りまとめています。 パソコンのOS(基本ソフト)やスマートフォンのアプリケーションには、自分の端末に保存されているファイルを、ネットワークを経由して他の利用者と共有することができる「ファイル共有機能」があります。 このファイル共有機能が、公共の場で無線LANを利用するときに有効になっていると、他人からパソコンやスマートフォンに保存してあるファイルを読み取られたり、不正なファイル(コンピュータウイルスなど)を送り込まれたりすることがあります。 このような危険を回避するために、ファイル共有機能は家庭や職場のLANに接続する際のみの利用とし、公共の場では解除しましょう。 この約束を守ることで、「無線LANを利用する他の人から、無断で端末にアクセスされてしまう」ことを防ぐことができます。

1.無線LAN、Wi-Fiって何?

そこでザイ・オンラインでは、連載記事を執筆してもらっているクレジットカードの専門家の2人、岩田昭男さんと菊地崇仁さんに、 特徴が異なる8部門について、部門別の「年の最強のおすすめクレジットカード」を選んでもらって、「クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 年版 」を決定 した! 岩田さんが「メインカード部門」で選んだのは、年から6年連続となる「 楽天カード 」 。年会費無料で通常還元率が1。

第12回 ガッツリ稼げる?ポイントサイトで稼ぐ方法【ポイ活】【稼ぐ 実践編】


コメント