スタイル

バハマのカジノリゾート【アトランティス】の魅力を徹底解説

ドルスピンでバハマカジノ 53094

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

バハマと言えばカリブ海のビーチリゾートの人気があります。バハマのカジノリゾートはもともとアトランティス・パラダイス・アイランドカジノがありましたが、それに次いで新しいカジノリゾート地になったのが、BAHA MARです。総敷地面積はエーカーを超える広さで、カジノの施設だけでなく数多くのエンターテイメントを楽しめる施設も付帯しています。 バハマはフロリダ半島の東、南東に位置している北大西洋の島で、西インド諸島の一部として属しています。ナッソーの高級ホテルが提供している施設で、施設はThe National Art Gallery of The Bahamasから6kmの場所にあり、中心部とも6kmほど離れています。中心部からのアクセスがよく、ピンドリング国際空港まで車で約15分のところにあります。バハマの気候は冬が21度、夏が30度と年間を通して過ごしやすい気候になっています。 バハマは世界でもっとも盛んな ポーカーの聖地 として知られています。カジノのプレイができるのは年齢が18歳以上です。ゲームのラインナップが広く、イベントや割引のサービスなど豊富な特典が用意されています。カジノのトーナメントでは賞金の総額が万ドルを超えるなど世界中のプレイヤーが魅力して止まないカジノの施設です。日本人の利用者も多く、カジノを目的に渡航する人もいれば、旅行の一環としてカジノを楽しむ人など、目的も人によって変わってきます。 バハマはカジノの聖地であるため、他の国のカジノに比べると ドレスコードに対してのルールが厳しめ になっています。お店側がドレスコードを指定しているというよりは、利用するプレイヤーがドレスコードを気にして着飾っているのが特徴です。カジュアルな格好だと浮いてしまうため、ジャケットを着用するなど、きちんとした服装で利用するのがベターです。バンドの生演奏を楽しむことや落ち着いた雰囲気を楽しむことが目的になっているのもドレスコードが厳しい理由になります。

カリブ海のアトランティス・パラダイス・アイランド

世界は広い。こんな場所が実在しているなんて・・・。と思ってしまう程、地上の楽園が広がっているのが、中央アメリカ、カリブ海・バハマ諸島の首都ナッソーにある南国カジノリゾート施設「アトランティス・パラダイス・アイランドカジノリゾート 〜Atlantis Paradise Island Casino & Resort」。 名前の通り、古代ギリシャの伝説で、アメリカ大陸とアフリカ大陸の間にあったとされる王国「アトランティス」をイメージして作られたリゾートホテルです。 出典: アトランティス・パラダイス・アイランド - Wikipedia。 アイランド内には、グレードの違うホテルタワーがいくつかあります一番人気の高いのが「ビーチタワーテラス」。ショッピングやカジノで遊ぶ人に人気なのが、「コーラルタワー」。島内の中央分にある「ロイヤルタワー」。全室スイートの「ザ コーブ」。となっております。

リゾートカジノならバハマ 古代都市をイメージした「アトランティス・パラダイス・アイランド」

日本では考えられないような 大規模のリゾート施設 で、古代ギリシャのアメリカ大陸とアフリカ大陸にあったとされる伝説の王国「アトランティス」をイメージして作られました。 マイケルジャクソンも度々宿泊したと言われるほど、 海外セレブも通う大人気のリゾート で、年と年にはミス・ティーンUSAとミス・ユニバース世界大会が開催されました。 カリブ海と言えば海賊のイメージが強いですが、実は バハマ諸島の首都であるナッソー には「黒髭」と称されたエドワード・ティーチ(Edward Teach)が拠点を置いた場所であり、イギリスの総督ウッズ・ロジャーズ(Woodes Rogers)と戦った場所でもあります。 そんなバハマ諸島は、今では 白い砂浜と透き通ったエメラルドグリーンの海が人々の心を癒す世界中から愛される観光スポット です。 例えば 「コーラルタワー」 は、 ショッピングやカジノで遊ぶ人に人気 で、 「ロイヤルタワー」 は島の中央にあるホテル、 「ザ・コーブ」 は 全室スイートのセレブ向けのホテル になっています。

コメント