スタイル

4つのカジノでハワイアンドリーム(HAWAIIAN DREAM)を同時プレイ!噂のスロットの実力は?

日本の法案ハワイアンカジノ 36558

やさしいHawai‘i 第61回 『幻となったハワイのカジノ』

ハワイでカジノを楽しみたい人は多いかもしれませんが、残念ながら州法によりあらゆるギャンブルが禁止されています。 世界でも有数の南国リゾートとして観光業が盛んなハワイですが、カジノを導入すると一般観光客の来訪が減少することが懸念されます。 そうしたことから、導入反対という声が多く、今後も導入される可能性は極めて低いです。 ただハワイ州は、ギャンブルを禁止しているのですが、日本国籍なら、楽しむことができます。 どのようにして楽しむのかというと、他国のカジノを利用するわけです。 18歳以上の日本人であれば、フィリピンやマン島、マルタ島に対して、オンラインでアクセスすることができます。 そうすれば、 本場のカジノと同じように、ポーカーや バカラ、ルーレット、ブラックジャックやスロットゲームを楽しむことができます。 オンラインで楽しむ場合、ネット環境とパソコンもしくはタブレット、スマートフォンがあれば、気軽にすることができます。 ビーチやプールサイドから、あるいはバーやホテルの部屋から、自分の好きな時間に好きな場所からアクセスすることが可能です。 実店舗と変わらないリアルマネーゲームが楽しめるので、ハワイでオンラインを利用して楽しみましょう。 ハワイでオンラインカジノをするのは、ひょっとして違法ではないかと心配する人もいるかもしれませんね。 最近は、テレビなどでうかつに手を出して逮捕された、というニュースもよく見るので、そういう風に思っても仕方ないでしょう。 でもそれは大丈夫で、もちろん違法ではありません。 逮捕されるケースは、日本の違法賭博を行ったからで、日本では賭博法でカジノが禁止されています。 日本国内においては、運営するのもプレイするのも違法なので、手を出してしまうと逮捕されてしまいます。 しかし、海外でオンラインを利用してする場合、運営企業は海外の企業で、サーバーも海外にあるので海外で行うと判断されます。 マカオやラスベガス、シンガポールで日本人がプレイしても違法にならないのと同様、海外のオンラインを利用しても違法にはなりません。 海外のオンラインを利用する方法は違法ではなく、規約にも違反するものではないので安心していいです。 ハワイからアクセスしても日本からアクセスしても同じなので、日本でカジノをプレイするのも合法的です。 こうした方法は、あまり知られていないので怪しいと感じるかもしれませんが、全く問題はなく、この情報を知っている人は以前から堂々とプレイしています。

MOST RECENT JVTA POSTS

パチスロ好きの日本人をターゲットにして作られたということで大きな話題になりました。 そんな大人気のハワイアンドリームの評判はネット上でも様々な評判が飛び交い、 「爆発力がヤバイ」「軍資金が全部溶けた」など賛否両論 です。 さて、今回の検証方法としては、ハワイアンドリームの無料プレイができる4つのオンラインカジノで同時に回し、大当たりが何回出るのか。 そして、 最終的にどれくらいの利益が差が出るのか を比べてみたいと思います! まずは検証するために 4つのオンラインカジノ を選びます。 今回選んだのは、ハワイアンドリーム(Hawaiian Dream)が無料プレイできるところです。 他の3つのカジノに比べると、 「RESPIN」が揃う確率が高く、フリースピンへの突入回数が多い ですね。 ただ、フリースピンの継続率はそんなによくありません。 また、回のスピンの間で、瞬間的でも軍資金が一番高かった時の額も発表いたします! つまり、 勝ち逃げのチャンス があったかどうか?ということですね。 今回、ダントツで良い結果が出たのはビットカジノでした。 フリースピンが多発し、唯一アルティメットラッシュが出た というところが影響していそうです。 一時的に軍資金の倍の残高にまで到達しており、やはり爆発力はあるスロットと言えるでしょう。

コメント