スタイル

初めての海外カジノ・実際に遊ぶまでの流れを紹介

カジノドルゲームの流れ 58096

カードゲームの中で、お手軽なカジノの王道ゲームの1つでもあるBJ「ブラックジャック」をご存じでしょうか??

エンターテインメント・遊ぶ カジノ。 への旅行も 航空券とホテルをセットで お安く予約! 札幌 - つけ麺。 池袋・巣鴨・新大久保 - ランチ。 横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理。 京都市 - 寺院・教会,旧市街・古い町並み。

■クラップスってどんなゲーム?

クラップスはラスベガスのみならず世界中のカジノにおいて、ブラックジャック、ルーレット、バカラと並び広く行われているゲームのひとつである。  特にここラスベガスでは、クラップスのワイワイ騒ぎながらやる独特な雰囲気がアメリカ人気質に合っているのか、少なくともルーレットよりも盛り上がっているように見受けられる。 一方、これだけ多くの日本人がラスベガスを訪れるようになった今日においても、このクラップスを本格的に楽しんでいる日本人観光客は極めて少ない。  単独で黙々と遊ぶルーレットやブラックジャックとは異なり、客同士がハイタッチしたりしながら楽しむこのクラップスこそ、最もラスベガスらしい華やかなカジノ体験として良き思い出となるはずなので、もっと日本人にも参加してほしいゲームのひとつである。 それと同時に、このクラップスがカジノゲームの中で 最も勝率の高い (期待値が高い)ゲームである(特殊な条件下でのビデオポーカーなどを除いて)ということも覚えておいていただきたい。特に後述する「オッズ賭け」は、カジノ側の控除率がゼロなので、勝てる可能性が十分にある。 クラップスというゲームは、基本的には サイコロの出る目を当てるだけ の極めて単純なゲームだ。  つまり、ブラックジャックのような「ディーラーの手に対して各プレーヤーが個別に勝負する」という「対戦型」ではなく(したがってクラップスには「自分の手」というものは存在しない)、勝負はただ単にサイコロの目を当てたプレーヤーに対してカジノ側が払戻金を支払うというだけの単純な勝負形式となっている。 ブラックジャックにおいては、基本ルールや戦略を知っているのとそうでない場合とでは明らかに勝敗の結果に差が生じてくるが、ルーレットの場合はだれがどのような賭け方で勝負しようがすべて同じ期待値になるように配当倍率が設定されているので(例外的な賭けも、ごくわずかに存在しているが)、知識の差や熟練度の差によって勝率に差は生じない。  ようするにルーレットでは確率論的な戦略や必勝法などはまったく存在せず、勝敗結果はすべてそのときの運だけで決まってしまう。

カジノドルゲームの流れ 62335

動画で見るカジノゲーム

遊びながら覚えたいという方にはブライトが運営するアミューズメントカジノやカジノイベントの出張サービスも行っておりますので、お気軽に お問い合わせ ください。 ルーレット カジノの女王と呼ばれ、年以上の歴史を持つもっとも古いカジノゲームの一つ。 ブラックジャック カジノで最も設置台数が多く、奥の深いゲーム性で世界から愛されるカードゲーム。 ミニバカラ ゲームの勝敗、決着スピードの速さから「カジノの王様」と呼ばれるカードゲーム。 テキサスホールデム 優勝賞金が10億円以上にもなる世界大会が開催されるなど、世界的に人気のカジノゲーム。 カジノゲームのルールを知っている、もっと詳しく知りたい、実体験したい方は 「カジノカフェ」 をご覧ください。

カジノのルールを覚えてみよう!バカラ・ブラックジャック・ポーカー編

簡単に説明すると、ディラー(お店のカードを配る人)とプレーヤー(お客)との勝負で、カードの 合計が21に近い方が勝ちというゲーム です。 トランプカードは、みなさんもご存じの通りスペード、クローバー、ハート、ダイヤの4種類のA~K(13枚)からなるものです。 普段は絵札であるJ、Q、Kは11、12、13とカウントして遊ぶと思いますが、このブラックジャックというゲームでは、 J、Q、Kは全て10とカウント します。 そして、 特殊なカード が1枚だけ存在します。それは A(エース) です。普段は、1とカウントするだけですが、ブラックジャックでは11とカウントすることもでき2通りの方法で使用することができるのです。 例えば、「Aと7」の組み合わせの場合、合計を「8」とも「18」とも数えることができるということです。「AとA」の組み合わせの場合であれば、「2」とも「12」ともカウントすることができます。 次に、ゲームの流れを説明します。 まず、客にカードが1枚配られ、次にディーラーに1枚配られます、この時にディーラーに配られたカードは伏せられています。そして、客に2枚目が配られ、ディーラーに2枚目が配られます、この時の2枚目のディーラーに配られたカードはオープンされています。ここまでは、自動的に行われます。 ここまでの状態を表すと、ディーラーにも客にも2枚ずつカードが配られていますが、ディーラーのカード1枚は伏せられていて1枚は見えています。お客のカードは2枚ともオープンされています。 ここからゲームスタートです。 ディーラーにカードをヒット(もう一枚カードを配ってもらうこと)かステイ(カードはいらないこと)と聞かれるのでカードによって考え選びます。ヒットして21を超えてしまえば、ゲームオーバーになってしまうし、ヒットせずステイして弱いカードのままでは、ディーラーに負けてしまうかもしれません。 これをインスピレーションやゲームの流れ、確率によって考えてプレイするのです。 そして、もう1つがダブルダウン(2倍)というものです。これは 自信がある時に行うもの です。 例えば、「5と6」が最初に配られるとすると合計数が11です。21をオーバーさせるカードは存在しないことや、「10、J、Q、K」がくれば21になるためディーラーに勝つチャンスです。この時にヒットする前にディーラーにダブルダウンと宣言して賭けていたチップの2倍のチップを出します。これをすることにより勝った時は2倍になり負けた時も2倍になります。重要なのは、ディーラーに勝てるか予想をすることでダブルするのかしないのか判断しなければなりません。

コメント