スタイル

カジノ法案最新情報まとめ【2020年最新版】|「日本カジノ研究所™」

日本カジノベア 9228

IR推進法のメリット・デメリット(問題点)

いよいよ日本のカジノ解禁が近づく中、一体「 どこにカジノができるのか 」が気になっている方も多いのではないでしょうか。 ここではカジノ誘致に名乗りを上げている自治体や期待されている自治体など、注目の有力候補地の最新情報をお届けします。 カジノ誘致を表明している中で、主なカジノ候補地は、神奈川(横浜)、東京、愛知(名古屋、常滑)大阪、和歌山、長崎となっています。 現時点では 大阪、横浜 が特に有力な候補地と見られています。 そして気になる「いつ候補地が決まるのか」については、現在国が発表している基本方針案によると 候補地が正式決定するのは 年 頃になる予定とされています。 今後IR誘致に挑む自治体は 年1月4日から7月30日 の間に国に申請を行う必要があります。 そして国は申請を行った自治体の中から最大3箇所を選び、 年後半~年頃に正式にIR候補地として認定する 、というスケジュールとなっています。

日本カジノベア 56071

カジノ法案の基礎知識から最新情報まで全てがわかる!

カジノ 劇場 映画館 プール ホテル レストラン ショッピングモール 会議場 展示場・イベント会場。 これまでは、日本にカジノがないことを理由に日本に旅行に来なかった海外の観光客がある程度いたと考えられます。しかし、カジノを含めた商業施設が作られることにより、旅行中にカジノも楽しみたい観光客も集客できると期待しているわけです。また、国内の旅行先として統合型リゾートを選ぶケースも増えるでしょう。 国内外からの利用者が増えれば、経済の活性化・景気回復に繋がります。 ただ現時点で、 苫小牧では苫小牧統合型リゾート推進協議会が設立 しており、新千歳空港付近にIRを設立するという考案がなされていることからもかなり有力候補となっていることが伺えます。

現在のカジノ候補地はどこ?いつ決定する?

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。 では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設 です。 日本から気軽に行ける大規模なIRといえばマカオ。「ヴェネチアン・マカオ」は館内がまるごとヴェネツィアの街に!ゴンドラで移動しながらショッピングが楽しめます。 他にもエッフェル塔がそびえ立つ「ザ・パリジャン・マカオ」など、スケールの大きさに目を見張るばかりです!

コメント