スタイル

残高の「現金化」が得意なスマホ決済アプリはどれ? 手数料や使い方を比較

ジェイバンク出金方法カード現金化 17882

お引出し・お預入れは便利な「JAバンクのキャッシュカード」で

平素より、JAバンク福岡をご利用いただきありがとうございます。   さて、JAバンク福岡では、昨今の偽造キャッシュカード犯罪の社会問題化を踏まえ、ATMでのお引き出しの限度額を下記のとおりとさせて頂いております。   ご利用の皆さまには何かとご不便をおかけすることになりますが、諸般の事情をご賢察のうえ、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。 上記ご利用限度額は、JAが定める個別設定の範囲内(~100万円)で、お客様がご希望される限度額に変更することができます。ご希望のお客様は口座開設店にお問合せください。   詳しくは各JA窓口でおたずねください。

1日あたり口座単位利用限度額の個別設定のお手続きについて

この記事では「アプリ内の残高を現金に引き出せる機能」(以下、出金機能)を持つ6つのアプリを紹介します。また、この機能のほか「アプリユーザー間で無料で送金ができる機能」(以下、送金機能)と「QRコードで決済ができる機能」(以下、QR決済機能)の2つもアプリ選びの基準にしました(6つのアプリともこの3つの機能あり)。QR決済機能については、使える加盟店の数や決済金額に応じたポイント還元の有無でアプリ間に差があるため、理解を助ける目的で、加盟店が多く、ポイント還元がある4つのアプリを「買い物系」、残りの2つを「送金系」とジャンル分けして紹介します。 (本記事内の価格表記は基本的に税込です)。 コミュニケーションアプリ「LINE」内の決済機能が「LINE Pay」です。LINE Payは「銀行口座への振り込み」と「セブン銀行ATMでの出金」の2つの出金機能に対応しています。出金機能を使うには、LINE Pay上で本人確認を済ませる必要があります(銀行口座を登録すると本人確認されたとみなされます)。 ドコモが運営するスマホ決済サービスです。ドコモユーザー以外でも、dアカウントを作ることで利用できます。LINE Payと同様に「銀行口座への振り込み」と「セブン銀行ATMでの出金」の2つの出金機能に対応しており、出金機能を使うには銀行口座を登録する必要があります。 このように、各アプリの長所を生かした使い方がいろいろと考えられると思います。本記事を参考に、最適なお金の動かし方を模索してみてはいかがでしょうか? 記事の最後には、メガバンク3行の振込手数料を参考情報として掲載してあります。「他行宛ての振り込み」で「3万円以上」の場合、スマホ決済アプリのほうがコスト面で有利になるようです(みずほ銀行の場合は3万円未満でも)。こちらも比較の材料にしていただければと思います。 powered by。

コメント