スタイル

ビデオポーカーでの勝率・確率を高めるにはペイアウト率をチェック

配当倍率ビデオポーカー 31254

ビデオポーカーのルール

海外ではビデオポーカーはパチンコと同じほど人気! ビデオポーカー Video Poker)は、モニターに表示されたトランプでポーカーの役(ロイヤルストレートフラッシュ、フルハウス、フォーカードetc)を作るゲームです。 日本ではトランプゲームぐらいの扱いですが、海外ではダントツの人気を誇る手軽なギャンブルとして楽しまれています。基本戦略(ベーシックストラテジー)が存在して 機種や設定、技量によりペイアウトが%に迫るか、%を超えるものもあるためプロ(ギャンブラーではない)がいるほどの人気ギャンブルです。 オンラインカジノでも大人気で、プレイテック16種、マイクロゲーミング59種(派生含)、カジノ12種、インターカジノ10種が用意されています。 多機種がありますが、 どこにでもある基本機種「Jacks or Better ジャックスオアベター」についてのみ解説 します。あとの機種は応用です。 実戦訓練には必要不可欠なオンラインカジノがあります。 それはスピンカジノのフリーゲーム(プラクティスモード)です。但し、フラッシュ版では利用できませんのでご注意下さい。 お持ちの方は不要ですが、ソフトをダウンロードしてください。簡単な登録で練習ゲームができます。 ダウンロードして起動させプラクティスモードでログインします。 ビデオポーカーの中のJacks or Betterを探して起動させます。左の「拡大する」の通り「ゲームのオプションボタン」を押して上がったPOPUPの中の自動ホールド にチェックを入れて閉じます。 最大ベットでゲームをします。1ゲームごとに基本戦略に基づくカードをホールドしてくれますので。印刷した表、もしくは このような使い方 で、ソフトがホールドした事由を考えながらプレイしていきます。ビデオポーカーの基本戦略が自然と身につきます。ま・・・実戦でもこのカジノがいいと思いますが・・。 魅惑のダブルアップをどうする? ダブルアップとは、勝利金を倍倍ゲームで増やせるという非常に魅惑的な悪魔のような機能です。ハーフダブルといって半分賭ける機能(プレイテック系videopoker03。 ギャンブルは感情的になった時点で大体負けます。まして、ビデオポーカーのダブルアップの魔力は強力です。自身で決めたルールでプレイしないと必ず負けますね。 ネットで調べてみると1つの例がありましたので記載します。 ダブルアップは、ツーペア(10コイン)のときのみ1回だけする。 勝ったら止めるて通常のゲームへ戻る(10コインの利益) 負けたら(10コインの損)、通常のゲームに戻りスリーカードが出るまでダブルアップはしない。 スリーカード(15コイン)でダブルアップ、勝ったら30コインとなり、ツーペアで負けた10コインを取り戻して5コインの利益、通常のゲームへ戻る 負けたら(25コインの損)、通常ゲームに戻りフラッシュが出るまでダブルアップはしない。 フラッシュ(30コイン)でダブルアップ、勝ったら60コインとなり、損をしていた25コインを取り戻し5コインの利益、通常ゲームへ戻る 負けたらギブアップ。通常ゲームに戻りツーペアから マーチンゲール法の応用みたいなものですが、深入りはせずに見切りをつけるやり方ですね。 ダブルアップはワンペアのときだけ ダブルアップはツーペアのときだけ ダブルアップはワンペアのときだけ2回まで ダブルアップはツーペアのときだけ2回まで などと、自分のルールを作らないといけません。勝負勝負はカジノ側からすれば、鴨葱です。

ビデオポーカーはシンプルなルールで尚且つ、駆け引きが不要で気軽に楽しむことができるポーカーゲームです。

ビデオポーカーは、そのクオリティの高さから発明されたのはつい最近だと思われがちですが、実はそんなことはなく、むしろビデオポーカーはカジノでも人気を博しているスロットマシンよりも先に登場したといわれています。 年ニューヨークのブルックリンにて、5つのドラムにカード記号が印刷されたマシンが開発されました。 このマシンは、レバーを引くと ポーカーハンド が出てきて配当が決まるシステムだったのです。現在のビデオポーカーやビデオスロットの前身だったといえるでしょう。 しかし、実際にビデオポーカーが登場し始めたのは年代、実に80年もの年月が経ってからとなります。 また、多くのプレイヤーが最初は電子機械が信用できなかったため、今のように人気が高まったのは年代、その頃にはどのカジノでもビデオポーカーは採用され、『ジョーカーポーカーワイルド』や『デュースワイルド』などワイルドカードを使用した機種が増え、でゲーム性も広がり、更にプレイヤーの支持を集めていきました。 今現在採用していないオンラインカジノはないほどの人気を誇るビデオポーカーですが、その歴史は実に年以上もあるのです。 ビデオポーカーでは1度だけカードを交換する事が認められています。 また、難しい役を作るほど配当は高くなり、『ロイヤルストレートフラッシュ』『ストレートフラッシュ』『フォーカード』などは高配当に設定してあるケースが多いです。 ビデオポーカーは、『ベーシックストラテジー』を用いることによりハウスエッジ(控除率)をより最小でプレイすることができます。 例えば、 『あと1枚でロイヤルストレートフラッシュ=4枚Hold』 『あと2枚でロイヤルストレートフラッシュ=3枚をHold』 『あと2枚でストレートフラッシュ=3枚をHold』 といった配られたカードに対してもっとも期待値の高い手順の事を指します。 期待値の高い優先順位を把握できれば最も少ない控除率でプレイする事が可能であり、これがビデオポーカーの基本戦略となります。 ベーシックストラテジーは既に完成されているので、気になる方はネットで調べてみましょう。 ビデオポーカーはほとんどのオンラインカジノで採用されている『ジャックス・オア・ベター』や、2がワイルドカードとなる『デューシーズ・ワイルド』など、機械の種類によって若干ながらタイプが異なってきます。 ジャックス・オア・ベターは、何と言ってもハウスエッジが少ないのが特徴的であり、最もポピュラーなビデオポーカーだといえます。 デューシーズ・ワイルドは、2がワイルドカードとして扱う事が可能であり、難易度の高い役もどんどん出す事が可能です。 しかし、その分「配当が若干抑えられている」「認められている役はスリーカード以上から」などのデメリットもあるのでその点は注意が必要です。 ビデオポーカーは、対人勝負ではなく対戦するのは機械となります。 そのため、長い目で見るとペイアウト率に沿った負けを積み重ねていくしかありません。 しかし、逆に言えばそのペイアウト率が%を超える台をプレイし続ければ理論上は永遠に勝つことができるのです。 プレイするたびに勝てる台。一見すると「そんなバカな」と思うかもしれませんが、実際に現在でもその台は存在します。 それは、ビデオポーカーの『デューシーズ・ワイルド』です。 実は、ビデオポーカーは同じ機種でも台によってペイアウト率が異なり、最も台の配当表が高い状態を『fullpay(フルペイ)』といい、fullpay(フルペイ)状態のデューシーズ・ワイルドはペイアウト率が%を超えてくるのです。 では、台がfullpay(フルペイ)常態かどうかを確認するためにはどうすればいいのか? 答えは簡単、配当表をチェックし 『ナチュラルロイヤル:』 『フォーデュース:』 『ワイルドロイヤル:25』 上記の役がこのような配当となっている台は、fullpay(フルペイ)状態となっています。 また、fullpay(フルペイ)の状態でビデオポーカーをプレイする場合は、必ず5枚賭けする必要があり、尚且つペイアウトが%を超えるのは完全にベーシックストラテジーを遂行した場合のみという事を忘れないようにしましょう。 ビデオポーカーは、対人ゲームではないためサクサクとプレイすることができます。 また、配当を2倍にできるダブルアップゲームはビデオポーカーの大きな魅力です。 この機会に、オンラインカジノのビデオポーカーを体験してみませんか?

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

緊張すると後背筋に汗をかきます。ポチョムキンです。 今回はネットベットカジノのビデオポーカーに挑戦してみます。 大した知識はありませんが、どんな役があるか、プレイ方法くらいはわかります。 ビデオポーカーはゲームセンターにあるのをみたことがあるという方もいるかもしれませんね。 これは単純に手持ちのカードで役を作るためだけのゲームです。 他のプレイヤーやディーラーと勝負することはありません。 ビデオポーカーにはいろんな種類のゲームがあります。 やはりポピュラーなゲームは「Jacks or Better」でしょうか。 その名前の通りに、J以上のワンペアで役が成立するルールです。 でもよく見ると、「Jacks or Better」にもいくつか種類があるようです。 カラオケで曲検索した時にバージョン違いでヒットするような感覚でしょうか。それぞれに違いがあるのです。 ベースは同じ「Jacks or Better」ですが、例えば、画面の赤枠内の2つのゲームの違いは カジノソフトウエアが違う コイン5枚時のロイヤルフラッシュの配当倍率が違う 以上の2つが大きな違いです。 ビデオポーカーは賭けるコインの枚数を最大にするのが基本です。 なぜなら、コイン最大でロイヤルフラッシュ的中時の払戻し倍率が増加するため 理論上のペイアウト率がコイン4枚以下の時と比べて高くなるためです。 スロットでいうジャックポットを引き当てる資格を得るための投資と同じなのです。 今回も体験版でプレイしました。プレイするのは、もちろんロイヤルフラッシュの倍率が倍になる画面右側のビデオポーカーです。 ビデオポーカーの配当を見て見ると、一番弱い役でジャックオアベターになります。 これはJ以上のカードのワンペアなのですがもちろん期待値も一番高いです。 しかし、払戻し倍率は1倍。つまり基本的に勝っても賭けた金額がそのまま戻ってくるだけなんです。 その役が一番出るなら、どうすれば勝てるのでしょうか。 それは、ダブル機能を攻略するしかありません。 ダブルに勝利すると払戻しが倍になります。 さらに挑戦して4倍、8倍と増やすことも可能なのです。 1度の勝利でいかに効率よく払戻しを得られるかがビデオポーカーの鍵だと私は思うのです。 上の画面はツーペアで一度ダブルが成功したところです。 そして、私はダブルでどこまで勝てるか試してみることにしました。 まずはジャックオアベターを揃えて1倍の払戻しを得ました。そこからダブルに挑戦します。 一番左のカードの数字より高い数字のカードを右側4枚の中から選ぶことができれば勝ちとなります。 今回は3に対して5のカードを引いたので、払戻しが10に増えました。 そしてもう一度ダブルに挑戦すると またもや勝利、4倍の20に増加です。 3連勝で40に増加 4連勝に行く前に流石に緊張しました。これは体験版なので自分の資金に影響はありません。 でもここまで緊張するとなると、実際にお金を賭けると ドキドキしすぎて1勝くらいで止めてしまいそうですね。今回はこの4連勝で回収しました。 もちろん大きな払戻しを得たのは間違いありません。 そしてこれが今回の最大の役、「フォーカード」です。 上から3番目に大きな配当の役で、出た瞬間、ガッツポーズしてました。 配当もになり、興奮しました。そして欲が出てしまいました。これをダブルで増やせばさらに増加できる。 チャレンジした結果、見事にハズレ。賞金は0になってしまいました。 これがダブルの痛い所です。 理系の大学卒、青春の曲はマイラバの「Hello, Again ~昔からある場所~」。マカオで初めてカジノを体験し、その面白さにハマってオンラインカジノを始めました。 スロットよりもテーブルゲームがメイン。 一番興奮するのはバカラで罫線予測(主に小路)で他のプレイヤーが大路予測で賭けている逆に賭けて勝利した時です。 マカオで初めてカジノを体験し、その面白さにハマってオンラインカジノの世界へ。 一番興奮するのはバカラで罫線予測(主に小路)で他のプレイヤーが大路予測で賭けている逆に賭けて勝利した時。 酒とゲームとギャンブルを糧に生きる漢。 好きなタイミングで24時間遊べるオンラインカジノにご執着。 新機種やイベントが好きなミーハーな一面も持つ。

コメント