スタイル

中国・マカオ地区にあるカジノの住所や電話番号、営業時間など完全解説!〜ナイトライフ IN MACAU

スティックペイリスボアホテルカジノ 28728

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

白黒ラッシュ管理人VITO(ヴィト)です。 普段は海外出張が多いサラリーマンをやっています。趣味はバカラで、出張時にはランドカジノに立ち寄り、バカラをプレイしていますが、普段からバカラを楽しみたいと思いオンラインカジノを始めました。 当サイトは、私がバカラを実践したブログやオンラインカジノに関する情報を配信しております。 このサイトがオンラインカジノやバカラを更に楽しんで頂けるきっかけになればいいなぁと思っています! HOME 世界のおすすめカジノホテル! おすすめのカジノホテルランキング マカオ編 グランド・リスボア・ホテル|マカオのカジノホテル。 ホテルの概要 マカオ市内中心部に位置し、長い歴史の中でマカオのカジノを象徴するランドマーク的存在として有名なグランド・リズボア・ホテル。 高さm、マカオのシンボルとして親しまれている蓮の花をイメージしてデザインされた煌びやかなグランド・リズボア・ホテルは、随所に風水を取り入れたマカオを代表するカジノホテルとして地元の人からも愛され続け、毎夜多くの人で賑わっている。 昼間は太陽の光を集めて黄金色に輝き、夜はカラフルなネオンで町を彩る、マカオに来たなら一度は訪れたいという人も多く、世界遺産と並んで人気の観光スポットのひとつとなっている。 ホテルの見どころ マカオ市内のどこからでも見つけられる特徴的な外観デザインはもとより、贅を尽くしたインテリアもグランド・リズボア・ホテルの特徴。 広々としたロビーには、創業者でマカオのカジノ王として名高いスタンレー・ホー氏の銅像をはじめ、ホー氏が集めたという、クリスタルのシャンデリアなど金、銀、翡翠、水晶などを惜しみなく使用した装飾品やアンティークな調度品が並び、ラスベガス式カジノリゾートが増えるマカオにおいて、これほどまでに贅沢なインテリアを有するホテルはほかにないと言っても過言ではないほど。 中でも「スタンレー・ホーの星」と名付けられた巨大なダイアモンドは一見の価値ありの逸品として話題となっている。 赤と黒を基調にしたゴージャスな客室は、スイートルーム以外は全て同じ広さとなっているので、どの部屋を選んでも満足のいく滞在となることが約束されている。 ホテル内のカジノ情報 グランド・リズボア・ホテルに併設するカジノ「グランド・リズボア・マカオ」は4フロアを占める広いエリアを有し、カジュアルな雰囲気で初心者から上級者まで楽しめるカジノとしてマカオ内のカジノでも圧倒的な人気を誇る。 カジノエリア最上階はVIPエリアとなっており、一般客のアクセスが制限されているが、一般エリアにおいては観光客やホテル宿泊者以外でも自由に出入りが可能。 ホテルエリア同様に豪華な調度品で溢れるカジノエリアには、中国で主流のバカラをはじめとするテーブルゲームは約台、初心者でも楽しめるスロットマシンは約台とマカオ最大級の規模となっている。 また、ドリンクの無料サービスや軽食のワゴンサービス、2階部分のステージで開催されるエンターテイメントショーなども充実しているほか、ファストフードから高級料理まで幅広いジャンルのレストランが併設されているため、ホテルから出ずに一晩中楽しめるのもグランド・リズボア・マカオの特徴となっている。 入場資格 21歳以下は入場不可。 パスポート必須。 ドレスコード パン、ビーチサンダル、スリッパ、サングラスは 不可。バッグ、帽子はフロント預かり。 取り扱いゲーム スロットマシン、ルーレット、大小、バカラ、ブラックジャック、ポーカー、ファンタン、クラップス。 初めての方は、以下の記事から読み進めることをオススメします! オンラインカジノ登録の流れや遊び方の注意点をチェック。

スティックペイリスボアホテルカジノ 35154

オンラインカジノランキング

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 LINEアカウントにログインして商品を予約すると、LINEポイントが還元されます! 詳しく見る。 全部で30を数える世界遺産を持つマカオですが、この街の名前を聞いて多くの人が思い浮かべるものは、やはり「カジノ」でしょう。 マカオではかつて国内の一社独占だったカジノ経営権を年に外資企業にも解放すると、アメリカやオーストラリア等の企業が続々と参入。以後その規模を拡大し続けているマカオのカジノは、カジノ産業全体売上げ約5兆億円という、なんとラスベガスの約7倍の売上げを誇る「世界一のカジノ」へと急成長を遂げました。 フジテレビの人気番組「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!? マカオを訪れたのなら、もちろんカジノを楽しみたいところですが、実はマカオのカジノはその派手に輝く外観を眺めるだけでも十分に楽しめます。 写真は、マカオのシンボルとも言える「グランド・リスボア」。年オープンのマカオを代表するホテルです。マカオの中心地にドーンと聳えるこの高さメートル、53階建ての超高層ビルは、マカオのカジノの発展を象徴するランドマークとなっています。 超近代的でスタイリッシュな独特のデザインは、蓮の花をイメージしたもの。建物下部のドームが大規模なカジノ、その上のタワー部分がホテルとなっています。 日中、南国の強い陽射しを受けて眩しいほどの黄金に輝くグランド・リスボア。その威風堂々とした圧倒的な勇姿には、「カジノの王様」といった風格が漂っています。 ちなみに、現在のマカオの「王様」に相当するのは、マカオ特別行政区行政長官である崔世安(サイセイアン)氏です。

マカオのカジノ「グランドリスボア」にも行ってみた【体験談】

カジノ大国と呼ばれるマカオの中心街では、多くの煌びやかなカジノリゾートホテルが立ち並んでいますが、その中でもマカオを象徴するといわれる有名なカジノホテル、それが 「グランド・リスボア・ホテル」 です。 蓮の花をイメージしたユニークなホテルのデザインは、マカオに進出しているラスベガス系列のカジノを打ち負かすために、風水学に基づいて設計された マカオのこだわりを詰込んだ屈指のデザイン 。ラスベガスを超えるカジノ大国を目指している マカオを象徴するカジノリゾート なのです。 さらに、このホテルは、香港の実業家、 スタンレー・ホー 氏がオーナーを務めていることでも有名です。 実はこの方は、「ギャンブルの帝王」や「マカオの盟主」、「マカオのカジノ王」など、漫画の世界のような異名を持つほどの大富豪。ホテル内にはホー氏直々に寄贈した宝石や、アンティーク品が展示されており、数億を超えるものも珍しくないと、噂されています。 さらに、 各階の角部屋のみ、外が見える作り となっていますので、マカオの街を見下ろしながらのジャグジーで、まさにセレブな気分を味わえます! また、アメニティがすべてエルメスというのも、高級志向の方には見逃せないポイントです。もちろん、持ち帰りOKです。

コメント