スタイル

ゴルフスイングの基礎知識

スイング方法ゲームの流れ 54235

最新のカテゴリー記事

このDVDには、「返金保証」をお付けいたします。 DVDの内容にご満足いただけない場合は 商品到着後90日以内にご連絡ください。 何度ご覧いただいたあとでも理由を問わず、 手数料円を差し引いた金額をご返金させていただきます。 ですので、90日間、じっくりとDVDをご覧いただき、 あなたの買い物が正しかったかどうかをご判断ください。 これは、教材のクオリティに本当に自信があるからできるお約束です。 重要なお知らせ  TV放映の影響による発送遅延(2~3日)に関するお詫びとご案内。 重要なお知らせ  新型コロナウイルスの影響による配送遅延について。 重要なお知らせ  一部 beLEGEND商品 計量スプーン変更のお知らせ。 トップ > DVD > バレーボール指導革命7~逆転の発想 弱者のバレー「弱者の鬼サーブ」~。 Facebook Twitter。

初心者のためのソフトボール上達ガイド項目説明

JavaScriptが無効の為、一部のコンテンツをご利用いただけません。JavaScriptの設定を有効にしてからご利用いただきますようお願いいたします。( 設定方法 )。 ゴルフにおけるフォロースルーとは、球を打った後の動作のこといいます。このフォロースルーには、そこまでのスイングの良し悪しが現れるため、正しいフォロースルーを意識できれば、スイング全体が良くなります。 ではどのようなフォロースルーが正しいのでしょうか? 過去の成績からミスター29の異名を持ち、数々のゴルフスクールも経営する羽生淳一プロに教えてもらいましょう。 フォロースルーでは、もうボールが打ち出されてしまっているため、その後どういう形になろうとも、ボールに影響を与えることはありません。 大切なのはズバリ「インパクト」です。 インパクトは、ダウンスイングからフォロースルーのクラブの動きによって起こる現象です。ですから、正しいダウンスイングから、正しいフォロースルーへクラブが動けば、必然的に正しいインパクトになります。 そこで、フォロースルーの形をチェックすることで、正しいインパクトになっているかをチェックすることが出来ます。 正しいフォロースルーのチェックポイントをお教えしましょう。 フォロースルーの形が決まると、スイングプレーンが正しくなり、正しいインパクトになる可能性がとても高くなります。インパクト直後からフォロースルーまで正しい動きになる練習法をお教えします。 動きはとても簡単です。構えたらそのままテイクバックせずにボールを打って飛ばすだけ。動画で動きを確認してみてください。 この動画で特にチェックしてほしいポイントは下記の通りです。 正面から確認した際、「頭が目標方向に流れずにインパクト以降も動いていないか」という点です。頭を残し、左足踵に体重をかけて、両腕を伸ばして飛ばしていくのが理想です。 イメージとしては、静止状態よりも頭は飛球線後方に動かし、その反動でクラブが飛球線方向へ放り出され、両腕が伸びてボールが飛んで行くように動いてみて下さい。動画で見ると頭は飛球線後方に動きませんが、この動きを覚えることでボールを勢い良く飛ばすことが出来ます。 飛球線後方からのチェックポイントは、グリップエンドが見えるようにすること。左腕を回旋させていくことで、正しく手首を返すことができ、クラブがスイングプレーンを綺麗になぞったフォロースルーになります。

コメント