スタイル

カジノ施設への入場回数制限及びマイナンバーカード等を使った本人確認 ~我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点(5)~

の本人確認世界一カジノ 8899

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

政府IR推進本部事務局は、年8月の「IR推進会議取りまとめ」、年2月の与党(自民党、公明党)との協議(IRプロジェクトチーム)において、政府案として、日本人・居住外国人の本人確認にはマイナンバーカード提示を義務付けるとした。 なお、政府案は、外国人旅行者の本人確認には、パスポート提示を義務付ける。 今後、生体認証を可能とする場合、生体認証データと本人を紐づける対策が必要となる。 近年、生体認証の技術精度は向上しており、、国際空港の出入国手続き(CIQ。税関、出入国管理、検疫)で活用されている。 政府は、年度予算案成立前(例年、3月末)に、IR実施法案を国会に提出する方針。 年12月26日に施行されたIR推進法は、「必要となる法制上の措置については、この法律の施行後一年以内を目途として講じなければならない」と定めた。

産経デジタルサービス

本稿に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループ info-irbg tohmatsu。 IR(Integrated Resort:統合型リゾート)実施法の審議開始から免許交付までの間に、IRビジネスグループでは参入を目指す日本企業に対し、さまざまなアドバイザリーサービスを提供します。 オペレーショナルリスク・プラクティスの日本責任者、IR(統合型リゾート)ビジネス・プラクティスの責任者を務める。 公認会計士、公認内部監査人、公認不正検査士。 年公認会計士登録。 【オペレーショナルリスク・プラクティス】 15年以上にわたり、リスクアドバイザリー業務に従事し、オペレーショナル・リスク領域のプロジェクト責任者を多数務める。 専門分野は、コーポレートガバナンス、内部統制、内部監。 目次 カジノ施設への入場回数制限及びマイナンバーカード等を使った本人確認措置が講じられる IRビジネス参入においては、入場規制等を考慮した上での事業計画の検討が必要となる ギャンブル依存症(賭博依存症)関連記事 連載「我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点」のアーカイブ IRビジネスグループとは IRビジネスグループのアドバイザリーサービス IRビジネスグループの最新活動 プロフェッショナル 関連トピック。

コメント