スタイル

ボラカイのベスト・カジノホテル

ウェバンクボラカイ島カジノ 22828

ギャラクシーとの協議は単に保留中、LRWCがボラカイに関する立場を明確に

フィリピンのゲーミング投資会社、レジャー・アンド・リゾーツ・ワールド LRWC は、カジノの新規開発への一時停止措置が最終的に解除された場合、ギャラクシー・エンターテインメント・グループとのボラカイでの提携を再検討するために扉を少し開けたままにしているようだ。 同社は、「当社の会長であるエウセビオ・タンコ氏の伝えられている発言は、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領による一時禁止措置によって、ボラカイ計画に関してギャラクシー・エンターテインメント・グループ GEG との間でさらなる協議がないという事実をただ述べているだけだ。我々は、大統領の指示を守り続けるという姿勢を崩さず、この問題への大統領の命令に従っていく。また一方で、ボラカイにある土地の開発にむけた計画も一切決まっていない。しかし、LRWCは、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領によるボラカイ再活性化と浄化のための最近の前向きな行動によって、ボラカイの不動産価格が上昇し続けると確信しており、当社会長は当該不動産をランドバンキングすることはそれでもなおLRWCにとって価値を生み出すと信じている」と述べた。 ギャラクシー・エンターテインメント・グループのフランシス・ルイ副会長は、今年これまでに、Inside Asian Gamingに対して、 まだLRWCとボラカイの提携関係を進めることに希望を持っている と話し、「まだ、現地の人々に誤解があることを理解してもらいたいと思っている。真実が伝わり、我々のプロジェクトがどういった形で大きなプロジェクトにならないかというのを理解してもらえれば、これがボラカイがかつて持っていたブランド力を活性化させるのに必要な種類のプロジェクトだと分かってもらえると確信している。ボラカイは常に世界トップ5に入るビーチリゾートの一つであり、我々は本当にその一部になりたい、そして我々はそこを確実に以前のような地位に押し戻していきたいと思っている」と語っていた。

世界のカジノニュース

エリアから探す 8月出発がおすすめの海外旅行先7選。 ビーチ・海・海水浴 台湾のおすすめサーフィンスポット14選。 ビーチ・海・海水浴 マレーシアの穴場リゾート「コタキナバル」の観光スポット39選 リゾート 穴場。 タイ タオ島のおすすめ観光スポット11選 ビーチ リゾート 穴場。 オーストラリア ケアンズのおすすめ観光スポット17選 カジノ ビーチ。 ビーチ・海・海水浴 旅人におすすめの能登半島の観光スポット10選 ドライブ。

コメント